株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンB12は胃でどのように吸収されるのか?

カテゴリー:

 

たくさんの働きを持つビタミンB12は主に造血系に関わる重要な栄養素であり、から吸収されて体内をめぐり全身の様々な機能に関与しています。今回はそんなビタミンB12の持つ大事な働きを見ていきましょう。

ビタミンB12とは?

ビタミンB12は、主に血液の生成に関わる栄養素であり、他には神経系の維持や睡眠をサポートする働きがあります。

動物性食品に多く含まれていますが、植物性食品にはあまり見られないのが特徴であり、魚介類にはたくさんのビタミンB12が含まれます。大抵の魚や貝を100gとるだけで成人が一日に必要な推奨量を軽く満たしてくれます。そのため特に意識せずとも必要な量を摂取できる身近な栄養素です。

また植物性食品でも海苔には多くのビタミンB12が含まれます。仏教徒やベジタリアンで動物性食品が食べられない方は、海苔やサプリメントを使ってビタミンB12を摂る工夫をしています。

ビタミンB12が吸収される仕組み

食品に含まれるビタミンB12はタンパク質と結合しており、口から入って胃に入ると胃酸によってはがされます。こうして遊離したビタミンB12は、糖タンパクと結合して複合体となり、腸へと降りたときに血液へと吸収されていきます。

こうして吸収されたあとは、血中に存在するトランスコバラミンという輸送タンパクと結合して全身の器官へと運搬されていきます。

健康体の成人であれば、食品から摂取したビタミンB12はおよそ50%吸収されると言われています。もっともこれは吸収を阻害されているわけではなく、免疫機構による身体を健全に保つための制限のようなものですので問題はありません。残った50%のビタミンB12は腸の循環によって再吸収されたり排出されたりします。

ビタミンB12が欠乏するとどうなるのか?

ビタミンB12は血液の生成に関わるなど人体にとって不可欠な作用を持っています。そんな重要なビタミンB12が不足すると、様々な症状が起こりえます。

悪性貧血

貧血には鉄欠乏性貧血や出血性貧血など多くの分類がありますが、ビタミンB12が不足すると「悪性貧血」と呼ばれる貧血状態になります。

悪性貧血とは、胃粘膜が傷つけられることで胃の萎縮を引き起こす免疫作用による疾患です。「悪性」と名前はついていますが、この病気が見つかった時代は原因と治療法が分からなかったためついた名前であり、対処法が確立している現在では必要以上に恐れることはありません。

悪性貧血に罹ると、舌が赤く肥大する舌炎を起こすのが特徴です。他には吐き気や動悸などが見られます。

 

神経系の障害

ヒトの体内では、手足の先にまで細かい血管が張り巡らされていますが、同じように神経もゆきわたっています。脳からの命令が神経に伝えられるとき、ビタミンB12を含む様々なビタミンが必要になります。なので、ビタミンB12が足りなくなるとスムーズな神経伝達が滞るようになり、必要以上に神経が過敏になったり逆に反応が鈍くなったりします。

睡眠障害

睡眠は脳によって調整されており、メラトニンというホルモンが大きく関わっています。このメラトニンは、周囲が明るくなると分泌量が減少し、反対に暗くなると増加して眠気を誘う性質があります。ビタミンB12はこのメラトニンの分泌に関わっており、ビタミンB12が不足するとメラトニンの分泌がうまくいかなくなるため睡眠障害になりやすくなると考えられています。

またビタミンB12が不足していなくても、日光が当たらない場所に長くいるとメラトニンの分泌リズムが乱れて睡眠障害になりやすくなるリスクもあります。もし食事面で問題がなければ、そちらの可能性も考えてみてください。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。