ビタミンB1の効果・効能

この記事の所要時間: 451

ビタミンB1

ビタミンB1の名を知らない方は、いらっしゃらないかと思います。しかし、意外と効果効能にどんなものがあるかは知らなかったりもします。ビタミンB1を改めて知っていただく機会になればと思いまとめてみました。

ビタミンB1とは?

ビタミンB1は、水溶性ビタミンで化学名では、チアミンと呼ばれているビタミンになります。生理活性物質といわれる化学物質で体内化学物質が生体の特定の生理的調節機能に対して作用する性質を持つものです。また、他にもサイアミン、アノイリンと呼ばれることもあります。

歴史

江戸時代に江戸の裕福な人々の間で白米ブームが起き、やがて一般庶民の間でも白米が食べられるようになりました。当時は、主食である白米ばかりを食べて副食(おかず)をきちんと食べるという習慣がなかったようです。もともと米には、ビタミンB1が多く含まれているのですが、白米というものは、ビタミンB1をたくさん含んでいる部分の糠(ぬか)をとり除いてあります。そのために当然ですが、ビタミンB1の摂取量が減り、ビタミンB1が不足すると出る症状の脚気になる人が増えました。

やがて明治時代に入り海軍でも脚気の患者がたくさん出て、やはり白米が中心の食事だったそうで当時の海軍軍医は、食事内容を少しイギリスを意識した食材に変更して、それが功をなし患者数が減ったといわれています。肉や無糖練乳といわれる牛乳を濃縮した乳製品などを取り入れたり、麦ごはんにしたりと自然とビタミンB1が補給できる内容になっていたようです。しかし、当時はタンパク質の効力とみなされていたようです。

1910年には、鈴木梅太郎という人物が米糠からアベリ酸(後のオリザニン)という成分を抽出することに成功したそうです。これが後のビタミンB1(チアミン)というわけです。しかし、最初にビタミンを発見したのは事実ですが、当時に発表した論文が日本語でドイツ語に訳されるときに全てが上手く伝わっておらずに認知に至らなかったようです。

効果・効能

ビタミンB1は、炭水化物(糖質)がエネルギーに変換されるときに必要な補酵素の働きをしているとても大切な栄養素です。

●疲労回復

乳酸などの疲労物質が体にたまるのを予防してくれるので疲労回復の効果があります。

●脳・神経機能・筋肉機能

・ビタミンB1には、中枢神経や末梢神経を、正常に保つ働きがあります。

・神経系が多く集まる脳に栄養をおくり、正常に機能できるようにする働きをしています。

・中枢神経の働きを調整したり、手足の末梢神経・神経・筋肉を正常に保つ働きがあります。

・アルツハイマーの予防や改善にも効果があるといわれています。ビタミンB1誘導体を大量に投与すると、症状が軽くなるといわれています。アルツハイマー型認知症(中程度)の患者にビタミンB1誘導体のフルスルチアミンを1日100mgずつ投与した研究では、12週間で症状の改善がみられたとのことです。

ビタミンB1の欠乏症

●脚気(多発性神経炎)

ビタミンB1不足の状態が長期にわたり続くと(3~4か月)末梢神経に障害が起きる場合があります。この症状を多発性神経炎または、脚気といいます。食欲不振、動悸、むくみ、手足のしびれ、倦怠感などの症状がでます。

●ウェルニッケ脳症

ビタミンB1が慢性的に不足していると、脳の中枢神経に障害が起きることがあります。これをウェルニッケ脳症といいます。眼球の運動麻痺や意識障害などの症状が特徴となります。これがさらに進行すると昏睡状態に陥ります。重症化するとコルサコフ症という精神病になることがあります。この症状は、アルコールを摂取する人に起こりやすいといわれています。

●その他

エネルギー代謝が悪くなるので乳酸が増え、疲労感の原因ともなります。エネルギー代謝が減れば肥満の原因にもなります。また、脳の働きにも影響が出て、集中力の低下や精神が不安定になるなどの症状がでてくる可能性があります。

ビタミンB1の過剰摂取

水溶性のビタミンは、多量に摂っても排泄されますので過剰摂取になった場合でも問題ないといわれています。ただ、サプリメントでの摂取の場合で、過剰に摂取した場合に頭痛、不眠症などの副作用があった例もあるそうですのでご注意ください。

ビタミンB1

ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB1の多い食品は、何といっても豚肉がナンバーワンですね!特にヒレ肉(0.98㎎)やモモ肉(0.90㎎) の赤身の多い部位に多く含まれているみたいです。また、同じく豚肉が原料のボンレスハム(0.90㎎)や、焼き豚(0.85㎎)などの加工品にも多く含まれています。他には、うなぎのかば焼き(0.75㎎)や焼きたらこ(0.77㎎)などにも多く含まれています。

植物性食品の中では、ぬか漬けにたくさん含まれています。これは、ぬかに含まれるビタミンB1が多いためだからそうです。面白いのは、水溶性ビタミンならではの性質から漬け込んでいる野菜にぬかのビタミンB1が吸収されていくのだそうです。大根やカブなどは、特に吸収率が良いようです。大根のぬか漬(0.33㎎)などを自家製で作るのも良いかもしれませんね!

※100g当たりのビタミンB1の含有量です。

~ビタミンの種類と効果効能(水溶性ビタミン編➀)~

~ビタミンの種類と効果効能(水溶性ビタミン編②)~

ビタミンB2豊富な食品

まとめ

脚気の怖さは、子どもの頃によく祖父母などから聞いておりましたが、こうして改めて知ると本当に怖いなと思います。栄養バランスの大切さをしみじみと考えさせられました。祖父母いわくお年寄りの話しというのは、大切なことがたくさんあります。たまには、付き合ってみるのも良いですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加