株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

抗酸化成分のビタミンE

カテゴリー:

ビタミンEは、強い抗酸化作用のある成分を持つビタミンだといわれていますが、この働きについていまいちよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、このビタミンEのもつ抗酸化作用の働きや、作用などについて説明いたします。

身体が酸化をするってどういうこと?

まず、「酸化」の意味について考えていきましょう。

人間の細胞はさまざまな影響により、老化していくものです。細胞老化のスピードを上げる原因になるのが、過酸化脂質という物質になります。過酸化脂質という言葉は、普段あまり聞き慣れないかもしれませんが、いわゆるコレステロールや中性脂肪などが酸化してしまった状態をいいます。鉄が空気と結びつくと酸化してサビつきます。この事から身体の酸化も、身体がサビつくなどとも例えられることもあります。

このような参加した脂質は、細胞を劣化させる原因となることがわかっています。特に血管をもろくすることにつながりやすく、動脈硬化のような症状を引き起こしてしまう可能性があるほか、心筋梗塞や脳梗塞などの原因にもなるとされているのです。

また、この酸化は血中だけではなく細胞においてもおこります。細胞膜の脂質が酸化してしまうと、代謝が悪くなってしまうなど、お肌のターンオーバーの妨げにもつながるのです。これは、栄養補給や老廃物の排出がスムーズにいかなくなることが原因です。結果として、細胞や血管の老化や死滅へとつながってしまうのです。

ビタミンには強い抗酸化作用がある

先ほどお話しした過酸化脂質を酸化させる原因に、活性酸素とよばれている化合物があるのですが、ビタミンにはこの活性酸素を除去する働きがあります。中でもビタミンEには、この抗酸化成分が多いとされており、それだけ強い抗酸化作用が期待できるのです。

ビタミンE

抗酸化成分によって予防できることは?

ビタミンEの抗酸化作用により、予防できることはたくさんあります。まず、お肌の老化を防ぐ働きです。ビタミンEの抗酸化作用により、老化を防ぐほかにもターンオーバーをうながす働きもありますので、くすみやシミ、そばかすなどの予防にもつながります。

また、生活習慣病の予防にも効果的です。特に、血管が大きく関係してくるような、動脈硬化などの生活習慣病においては大きな予防効果が期待できます。そのほかにも、脳卒中や心筋梗塞など死につながりかねない病気などを防ぐ働きも期待できるのです。また、糖尿病のような疾患についても、抗酸化物質の働きによって、予防効果があることがわかっています。

さらに、近年ではアルツハイマー病などの予防においても、ビタミンEの持つ抗酸化作用の効果がみられるといいます。血行促進により、脳内の血流が良くなることも関係しているとは考えられますが、やはり抗酸化作用によるところは非常に大きいといえるでしょう。

まとめ

このように、ビタミンEのもつ抗酸化作用は、さまざまな病気の予防や改善へとつながることがわかっています。老化の原因となる、細胞の酸化を抑えて健康で若々しい毎日を送れるようにするとよいですね。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。