ビタミンEが欠乏したときに現れる症状

この記事の所要時間: 329

ビタミンE

ビタミンEは「人体のサビ」と言われる活性酸素を除去する私たちに欠かせない栄養素です。

動脈硬化などのあらゆる生活習慣病を防ぎ、老化を抑えるなど様々な優れた作用を持ちます。

もし重要なビタミンE欠乏したら身体にどんな症状が現れるか見ていきましょう。

ビタミンEの働き

ビタミンEは脂溶性のビタミンであり、主にサフラワー油、コーン油などの植物油や小麦胚芽

に多く含まれています。

ビタミンEは細胞膜に存在しており、細胞を活性酸素からガードしています。活性酸素は適量で

すと病原菌を攻撃して体内環境を保持するよう機能しますが、過剰になると細胞まで攻撃する

ようになり、そうなると細胞が酸化して老化の原因となります。細胞膜に存在する

不飽和脂肪酸が最も酸化しやすい成分です。不飽和脂肪酸は細胞膜を構成するリン脂質のひと

つで、悪玉コレステロールを減少させる効果があると言われています。しかし、不飽和脂肪酸

が活性酸素により酸化されると、過酸化脂質に変質して身体に悪影響を及ぼすようになりま

す。血管に付着して動脈硬化や脳卒中を引き起こし、皮脂を酸化させてシミやソバカスの原因

になります。

そこで有用なのがビタミンEです。ビタミンEは非常に酸化されやすい性質を持ち、体内で活性

酸素と素早く結びついて細胞などの酸化を防ぎます。ビタミンE「人体のサビ」とも言われる

活性酸素を除去して身体の不調や老化を事前に防いでいるのです。

 ビタミンEが欠乏したら………

 そんな大事な働きをするビタミンEが身体から欠乏すると、様々な症状が現れます。活性酸素

の影響を受けやすくなり、皮膚が弱くなりシミができやすくなり、手足のしびれなどの神経症

状も起こります。さらに細胞の老化が進み、血行障害によって動脈硬化などの生活習慣病のリ

スクを高めることにもつながり、女性の場合は貧血だけでなく不妊や流産に至ることも有り得

ます。

 貧血

 活性酸素が細胞を攻撃するようになると、細胞膜が弱くなり破壊されることもあります。特に赤血球の膜はもろく壊れやすい細胞膜です。赤血球の膜が破壊されると酸素を運搬する能力が失われるため、体内に酸素が供給されなくなりめまいなどの症状が現れます。

 血行障害

 活性酸素は他の細胞にもダメージを与えます。血管自体にもダメージを与え、さらに過酸化脂質やコレステロールが内壁に沈着して、動脈硬化を引き起こします。脳や心臓の血管にも同様のことが起こりえます。動脈硬化になると、血管にかかる負担も大きくなり、さらに高血圧などの症状も発現します。

 シミ

 紫外線などの外的刺激やストレス、睡眠不足といった身体的要因によって皮膚の色素細胞がメラニンと呼ばれる黒褐色の色素が生成されます。それが排出されきれずに沈着してシミとなります。

 症状

ビタミンEを摂るためには

 ビタミンEは一日に必要な摂取量が67㎍と極めて微量であり、かつ脂溶性のビタミンである

ため体内に貯蓄できるので、特に意識せずとも通常の食生活で十分な量が摂取できます。

しかし、ビタミンEは脂溶性であることから脂質と同時に摂取しがちであるため、ダイエット

をしている方は不足することもあります。そこでダイエットをしながらでもビタミンEが摂取で

きるよう、低コレステロールかつビタミンEを多く含む食材をご紹介します。

 野菜ではモロヘイヤやかぼちゃ、大根に多く含まれています。またさんまやいわしなどの青魚

も豊富ですので、さんまとモロヘイヤの甘酢あんかけなどがお勧めです。

また油にも気をつかえばより効果的です。サフラワー油、コーン油などの一般的な植物油にも

ビタミンEは豊富に含まれていますが、コレステロールや中性脂肪を抑制する働きを持つ

α-ノレン酸(オメガ3不飽和脂肪酸)を含むえごま油や亜麻仁油にすれば、ビタミンEを摂

りつつヘルシーな食事を摂ることが出来ます。

ビタミンE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加