髪に良い効果を与えるビタミンC

この記事の所要時間: 311

ビタミンC

ビタミンCは美肌効果や抗酸化作用を持つ優秀なビタミンですが、にも良い効果をもたらす

ことはあまり知られていません。薄毛に悩んでいる方は、ビタミンCを摂取して健康なを作

りましょう。

 ビタミンCを摂るには

ビタミンCには皮膚の老化を防いて免疫力を高める働きがあります。ビタミンCを摂ること

で、シミやそばかすを予防して風邪をひきにくくする身体にすることができます。

人間は体内でビタミンCを生成できないため、食事などでビタミンCを摂取する必要がありま

す。水溶性のビタミンであるため熱などに弱く、加熱や切るなどの調理過程で減少してしまい

ます。ビタミンCを多く摂るためには、野菜を新鮮なうちにできるだけ生で食べたり、加熱す

る料理は煮汁ごと食べられるようにすると、効率良く摂取することができます。

ビタミンCはアセロラやゆずなどに多く含まれており、これらの食材を使った市販のドリンク

を使えば手軽に摂取することができます。またサプリメントなどの健康補助食品からでも摂る

ことが出来ます。

コラーゲン合成を助けるビタミンC 

ビタミンCには肌を健康に保つ効果があります。それは肌の保水力を高めるコラーゲンの合成を助ける働きによるものです。

コラーゲンには他のタンパク質には含まれないアミノ酸である「ヒドロキシプロリン」「ヒドロキシリジン」を持っています。特にヒドロキシプロリンは、コラーゲン分子の3重らせん構造を構成する成分であり、これがコラーゲンを重要な物質たらしめています。ヒドロキシプロリンとヒドロキシリジンは、ともにヒドロキシ化していない「プロリン」「リジン」として生成され、タンパク鎖が形成されたのちに小胞体内で「プロリルヒドロキシラーゼ」という酸化還元酵素の働きによってヒドロキシ基が付加されます。この一連の変化によってヒドロキシプロリンは水素結合が可能となり、コラーゲンを3重らせん構造にして物質として安定させているのです。一方ビタミンCは、プロリンがヒドロキシ化する際にプロリルヒドロキシラーゼの補酵素として機能します。

よって、ビタミンCが不足するとコラーゲンが正常に合成できなくなり、肌など全身にコラーゲンが行き届かなくなるというわけです。

ビタミンC

 髪の成長に役立つビタミンC

 髪の成長には、頭皮の働きが重要です。頭皮にある毛細血管が老化すると、血液の流れが悪くなり栄養が十分に行き渡らなくなります。これが薄毛の原因の一つとされています。

毛細血管は皮膚と同じくコラーゲンが重要な成分となっています。つまり、ビタミンCを摂取することで毛細血管の重要成分であるコラーゲンが正常に合成されるようになり、頭皮に栄養を届けて薄毛を防止するというわけです。

ただしビタミンCを短期間に大量に摂取したからと言って、髪の毛が急に生えてくることはありません。むしろ過剰症になって健康を損なう可能性もあります。一日に必要な量である100mg(男女共通)だけ摂って、徐々に身体を馴染ませていきましょう。

髪に栄養を与えるために

薄毛は不規則な食生活や過度のストレスなどによって引き起こされます。髪を健康に保つためには、タンパク質やビタミン、ミネラルが必要不可欠です。ビタミンCを摂取することはもちろん大切ですが、他の栄養素もバランス良く摂らなくてはなりません。魚や肉、豆類を毎日食べるのが理想的です。お酒やタバコを嗜む習慣も不健康ですので控えることをお勧めします。

髪の毛は通常年とともに薄くなっていきます。しかし、加齢が原因による薄毛の発症もありますが、栄養バランスのとれた食事などで回復することはあり得ます。あきらめずにできることをやっていきましょう。

髪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加