ビタミンB6の効果と効能

この記事の所要時間: 329

ビタミンb6

ビタミンB群の一つであるビタミンB6は身体だけでなく精神にもいい効果を与えるとされる

栄養素であり、毎日継続的に摂ることが健康的な生活を送る秘訣の一つです。健全な身体と心

をもって生活するために必要なビタミンB6効能について見ていきましょう。

ビタミンB6について

ビタミンB6ピリドキシンとも呼ばれる水溶性のビタミンB群の一種で、タンパク質の分解と

合成を助け、皮膚や粘膜の健康を維持する機能があります。ビタミンB6は体内に入ると小腸か

ら吸収され、血液によって全身の組織に運ばれます。そこでリン酸と結びつき、ピリドキサー

ルリン酸という補酵素となって肝臓や筋肉などに蓄えられます。 

ビタミンB6の効果 

ビタミンB6には身体の成長を促進する効果があります。ビタミンB6はタンパク質の代謝を助

ける作用があるため、健康的な皮膚や歯を作ります。またエネルギー源となる糖質や脂質が不

足した場合には、アミノ酸をさらに分解しエネルギー源とにする機能がありますが、この過程

でビタミンB6が必要であるため、ビタミンB6は成長に必要な栄養素が足りないときにも役立ち

ます。

効果

またビタミンB6脂質の代謝をサポートして、脂質が肝臓に溜まるのを

防ぎ脂肪肝を予防します。 お酒を飲む習慣のある方は、肝臓に脂肪が蓄

積しやすく脂肪肝になりやすいです。脂肪肝が進行すると肝硬変になり

重篤化する危険があります。ビタミンB6は優れた脂質の代謝作用があ

り、その力は脂肪肝の治療にも使われているほどです。

また精神状態を整える効能もあります。うつ病の患者はビタミンBが欠乏

していることが多く、神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンがうまく作られていませ

ん。そこで神経伝達物質の合成を助けるビタミンB6を摂ることで、不安や不眠症状を改善しま

す。ビタミン不足による神経痛や生理のイライラ、ADHDにも使われます。 

効率的にビタミンB6を摂るために

 ビタミンB6を効果的に使うには、他のビタミンと一緒に摂取するのが望ましいです。ビタミ

B群と摂れば互いに効果を高め合います。サプビタミンb6リメントで摂れ

ばこの辺りのバランスがとれているのでお勧めです。

また一度に必要な量を摂らず、一日の三食で少しずつ摂ると吸収

効率が良いです。ビタミンB6を含むビタミンB群は水に溶ける性

質を持つため、時間が経つと同じタイミングで摂ったビタミン

6が一度に排出されます。そのため数回に分けて、体内に巡る

ようにとるのが効率的です。飲むサプリメントが一日三錠となっ

ている場合は、一度に三錠飲まずに一錠ずつを三回に分けて飲み

ましょう。

さらに調理する際は、手早く済ませるのが望ましいです。ビタミンB6は熱に弱いため加熱をし

すぎてしまうと、壊れてしまいます。また長時間の空気接触や日光などの光にも弱いので、帰

ったらすぐ冷蔵庫に入れてなるべく早めに食べた方が良いそうです。

 摂り過ぎに注意!

 ビタミンB6の一日の理想摂取量は成人男性で1.4mg、女性で1.2mgであり、食事によって摂り

過ぎることはまずありませんが、サプリメントやビタミン剤を使いすぎて過剰摂取に至った例

があります。

ビタミンB6を摂り過ぎると、神経系に影響が出るとされています。筋肉が萎縮して、筋力が衰

えてしまう末端神経障害やわずかな刺激で過剰な痛みを感じる知覚障害が起こりえます。ある

いは水に溶けきらなかった成分が腎臓で固まって結石となる場合もあり、こうなると激しい痛

みを伴います。

まとめ

ビタミンB6は健康に必須である栄養素ですが、サプリメントなどを使ってビタミンB6とそれ

に関係する成分だけをとっていたのでは健康になれません。普段の食事から栄養バランスを摂

るように心がけることが健全な身体と心を作る近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加