ビタミンCの有用性と摂取量

この記事の所要時間: 355

ビタミンC

ビタミンCはもっとも人々にい知られている栄養素だといっても過言ではないでしょう。それだけ身近でよく知られているビタミンCですが、実はあまり詳しいことは理解せずに使用しているという人が多いのも事実です。ぜひビタミンCのすばらしさについて知り、有用性と摂取量を知って上手に取り入れるようにしましょう。

・ビタミンCとは

ビタミンCとは?と聞かれて思うのは、レモンやミカンなどの柑橘類に含まれているビタミンで風邪の予防する効果があると想像がつくかとおもいます。簡単にビタミンCについて説明すると、ビタミンCは水溶性ビタミンで酸味があります。多くの動物は身体の中で合成するできるのですが、残念ながら人間は酵素が不足しているため、自分の身体の中で合成することができません。そのため、わざわざ食物(ビタミンCを多く含む食品)などから取り入れる必要があるのです。野菜や果物にたくさん含まれていることが多いのですが、水溶性なので水で洗ったりゆでたり、加熱をすると溶け出してしまうので注意が必要です。切ったりするのでもビタミンCが減少してしまいますのでデリケートな栄養素とも言えますね。なので何もせずそのまま食べるとビタミンCがまるまる摂取することが出来るとも言えます。

ビタミンCを摂取すると以下の効果が期待できます。

1.疲労回復効果

活性酸素から身体を守ってくれるので、疲れが早く取れるようになります。

2.免疫力の強化

粘膜を強化してくれるので、身体の中に悪いウイルスが入りにくくなります。風邪の予防に良いと言われているのは免疫力を高めてくれるからです。

3.ストレスから身体を守る

身体に作用し抗ストレスホルモンをしっかり分泌できるようになります。ビタミンCが不足するとストレスに弱くなってしまいます。現代社会はストレスの多いのでストレスに負けない体づくりに必要な栄養素です。

4.貧血予防

ビタミンCは造血作用のある鉄分の吸収をよくしてくれます。

5.肌荒れの改善

ビタミンCは皮膚の炎症や皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあります。

6.シミ、ソバカスの改善

ビタミンCはシミの元であるメラニン色素の発生を抑制します。同時にターンオーバーを正常化し、メラニン色素が肌に残るのを予防してくれます。

7.シワの予防

コラーゲンの生成を助けるので、いつまでも若々しい肌を維持するのに役立ちます。このように、ビタミンCは健康や美容だけでなく、メンタル面の強化にまで役立つのです。

8.アルコール分解

ビタミンCは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。逆にお酒をたくさん飲む人はアセトアルデヒドの分解にビタミンCを使われてしまいますので、ビタミンC不足になってしまいますのでお酒を飲む人は多めにビタミンCを摂取した方が良いです。

ビタミンC

・ビタミンCの適切な摂取量とは

国が定めた成人が食事からビタミンCを摂取する推奨量は男女ともに100mgとなっています。しかし、現実は男性は平均して92mg、女性は96mgとやや推奨量には満たない量しか摂取できていません。しかも、タバコを吸うと身体の中のビタミンCは破壊されてしまうため、喫煙者はさらに35mg多めに摂取する必要があります。また、お腹の中に赤ちゃんがいると子供に栄養が取られるので妊婦なら110mg、お乳で赤ちゃんに栄養を与えているので授乳婦なら145mgが必要です。ビタミンCは少々多めに摂っても副作用などはないので、少し多めに摂っておいても良いかもしれません。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きがあるので、不足すると毛細血管がもろくなって出血しやすくなり、結果として歯肉炎、貧血、倦怠感、食欲不振、壊血症などになります。

ビタミンCは生命活動になくてはならないものなので、日々体内で消費されます。ですから、そのときだけ大量に摂取すればいいというものではありません。毎日決められた量をきちんと摂取することが大切です。

過剰摂取は一日あたり最大で5000mgまでなら安全です。ただし、肝機能が弱っていると普通の人よりも副作用が出やすくなるので気をつけてください。肝硬変などの持病がある人は、ビタミン剤などを服用するときには事前に医師に相談するといいでしょう。

まとめ

ビタミンCは体内で生成できないので、食べ物等からの摂取が必要ですが、食べ物からだけでは追い付いていないのが現状です。そういった時はサプリメントで摂取するの一番簡単です。ストレスを感じる方や、お酒やタバコを吸う方や風邪気味の方はは少し多めに摂取してみてはどうでしょうか!私も、ビタミン系のサプリは毎日欠かさず飲んでますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加