ビタミンB1の効果・効能

この記事の所要時間: 333

ビタミンB1

ビタミンB1(チアミン)は水溶性のビタミンB群の一つで、特に日本人にとっては必要不可欠な栄養素と言われています。
ビタミンB1にはどのような効果や効能があるのでしょうか。

ビタミンB1と日本人の関係

ビタミンB1は、水溶性のビタミンでアルカリや熱に対しては弱い成分です。別名”疲労回復のビタミン”や”チアミン”と呼ばれています。これは、質糖の代謝に大きく関与しているためです。
糖質とは炭水化物の事ですので、白米を主食にしている日本人にとっては不足するとエネルギー生成に支障をきたしてしまう重要なビタミンな為、日本人には必要不可欠なビタミンと言うわけその為です。

ビタミンB1は世界で最初に発見されたビタミンです。
発見者は日本人で、米ぬかに含まれ、かっけに効く成分として発表されました。
ビタミンB1が不足するとかっけになるという話は、日本人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
かっけは「江戸患い」と呼ばれ、白米が主食になる江戸時代末期に流行しました。
徳川家13代将軍家定の死因は、かっけと言われています。
現代では他の食品をいろいろと摂ることができますから白米が主食でもかっけになることはそうありませんが、偏った食事やファストフードばかりの食生活をしていると、かっけのリスクだけでなく様々な生活習慣病のリスクが上がります。                 元々、穀物類にビタミンB1が含まれているのに白米になるとビタミンB1が少ないのは、穀類は胚芽を精製する過程で減少してしまうのです、逆に米ぬかにはビタミンB1が多く含まれているのです。さらにお米を炊くときに一度洗うと思いますが、水道水に含まれている塩素によってもビタミンB1が減少してしまうので洗い過ぎないようにして、ご飯を炊くときにはアルカリ水は避けた方が良いでしょう。さらにビタミンB1は熱に弱いため炊く際にも減少してしまうわけなのです。

効果

ビタミンB1のはたらき

三大栄養素である糖質タンパク質脂質にはエネルギー変換のために代謝が必要です。
代謝をするのは酵素ですが、ビタミンはこの酵素を助ける補酵素として仕事をします。
中でもビタミンB1は糖質の代謝を補佐しており、エネルギーの生成に大きな役割を担っています。
糖質は何段階かの分解を経て小腸から吸収され、エネルギーとして使用されますが、ビタミンB1が不足していると、エネルギーとして使える段階まで糖質が分解されません。
途中で分解が止まってしまった成分は、乳酸という疲労物質になって体内に溜まることになります。
すると炭水化物を摂ってエネルギー補給をしたつもりが、返って疲労物質を作ることになってしまい、疲労感や倦怠感につながります。
また、エネルギー不足によって体内の様々な臓器にも障害が起こることになります。
ビタミンB1は身体のエネルギー生成に役立っているだけではなく、脳への栄養分供給にも重要な役割を持っています。
脳のエネルギー源は肝臓に蓄えられたグリコーゲンです。
グリコーゲンはグルコース、つまりブドウ糖が体内に貯蔵された形態です。
ビタミンB1は前述した通りブドウ糖からのエネルギー生成に関与していますから、不足すると脳へ供給するエネルギーも不足することとなります。
すると、脳のはたらきが悪くなり、集中力がなくなったり感情の抑制が困難になったりするのです。

ビタミンB1が欠乏すると

ビタミンB1は水溶性の為、汗や尿から排出されやすいため、毎日摂取する必要性があります。特に喫煙者やお酒をよく飲む方はビタミンB1不足の原因にもなります。ビタミンB1が不足すると上記の、集中力の低下や感情抑制の困難の他に、慢性的に不足すると眼球の運動麻痺、意識障害や精神病へと繋がってしまいます。他にも脚気となり脚気が重症になると心不全に至ります。ビタミンB1不足は恐ろしいので欠乏しないようにサプリメント等で足りない分の不足は必要かと思います。

まとめ

ビタミンB1は炭水化物からエネルギーを生成するために必要な代謝を助ける重要なビタミンです。
不足すると、疲れやすくなるだけでなく各臓器の不調や、集中力・記憶力の低下につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加