ビタミンCのシミへの効果

この記事の所要時間: 34

食品

ビタミンCといえば、美白効果で有名ですよね。現代では日焼けしていない白く透き通った肌が好まれます。紫外線を受け続けた肌はシミになりやすいので、ビタミンCを摂取したり、配合されている化粧品を使用している人も多いのではないでしょうか。では、どうしてビタミンCはそんなにシミに効果があるのでしょうか。

・阻害と排出のダブル効果

シミへの効果

ビタミンCが実際にシミに効果があるか無いと言われると効果はあります。シミの原因となるメラニン色素に働きかけるだけでなく、できてしまったシミにもビタミンCが働きかけてくれます。

ビタミンCがシミに効果があるのには、主に2つの働きが関係しています。

シミの元になるのはメラニン色素です。メラニン色素は、紫外線やニキビなどで肌が傷つくと、チロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酸化酵素により変化させられて発生します。ビタミンCはこのチロシナーゼ酵素の働きを阻害するため、体内でメラニンが作られにくくなるのです。

ビタミンCがシミに効く理由はもう一つあります。シミはメラニン色素がいつまでも排出されず、真皮に残ってしまうと起こる現象です。日焼けをしても時間が経つと色が薄くなることからもわかるとおり、通常なら皮膚に発生したメラニン色素はターンオーバーをくり返す内に、古い細胞と一緒に体外へ排出されてしまうものなのです。ビタミンCはこのターンオーバーを正常化し、活発にする働きを持っています。ですから、ビタミンCを摂り続けていると、お肌は通常よりも速いスピードで生まれ変わっていき、シミの原因となるメラニン色素も体の外へ出て行きやすくなるのです。

また、ニキビを放置して悪化させるとシミになることがあります。ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑制する効果と、抗炎症作用があるので、ニキビができにくくなり、できても悪化しにくくなるのです。このように、間接的にではありますが、ビタミンCを摂取してると、さらにシミができにくい体質となります。

また美肌への有効性としては1日にの摂取量が2000mg以上と言われており、1回に大量に摂取しても体外へ排出されてしまいますので、コマめに補給する必要もあります。この摂取量になると食事から無理なのでサプリメントが必要となりますね。

・タイミングを間違うとシミが増えることも

ビタミンCをたくさん含んでいる果物や野菜は、ソラニンという成分も多く含んでいることが多いです。ビタミンCはシミに効果的なのですが、このソラニンはまったく逆の効果を持っています。摂取したり肌に塗ってから紫外線を浴びると、皮膚が通常よりも紫外線をたくさん吸収してしまうのです。もちろん紫外線はお肌によくありません。細胞を壊し、メラニン色素をたくさん発生させてしまいます。

ですから、注意しないといけない点として、外出前にビタミンCをたっぷり含んだ食べ物を食べたり、天然由来のビタミンC入りの化粧品を使用してしまうと、かえってシミの原因になってしまいます。外出前はソラニンを含まない食事を意識してください。海なのでのビーチでビタミンCたっぷりのジュースとかは控えた方が良いですね!

☆ソラニンを多く含む食べ物

レモン、グレープフルーツ、オレンジ、ライム、イチジク、パセリ、セロリ、クロレラ、ミツバ、ニンジン、シソ

☆ソラニンを含まないビタミンCが豊富な食べ物

トマト、ピーマン、小松菜、イチゴ、ラズベリー、リンゴ、ブドウ

まとめ

ビタミンCはシミへの有効性はあるのですが、摂るタイミングが重要な栄養素です。肌のシミが気になる方は外出前や外出先での摂取は控えた方良いですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加