株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ウコンの摂取量と副作用に注意

カテゴリー:

ウコン

ウコンは二日酔いの予防や肝機能の向上、またダイエットにおいても良い効果が期待できるなど、健康や美容において嬉しい食品です。しかし、健康になりたいからといってたくさん摂取すればよいかというと、決してそういうわけではありません。いくら食品とはいっても、摂り過ぎてしまうことによって思わぬ副作用が起こってしまうこともあります。そこで今回は、ウコンの適切な摂取量と、しっておくべき副作用についてまとめてみました。

ウコンの過剰摂取による副作用

まず、ウコンの過剰摂取や長期摂取によって懸念されている副作用について説明したいと思います。ウコンは健康な方であれば、特に摂り過ぎても深刻な副作用を招くことはないとされていますが、肝機能障害を抱えている人の場合には注意が必要になります。たとえば、C型肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)などにかかっている方の場合は、ウコンに含まれる鉄分が体内に蓄積しやすいため、それが原因で症状を悪化させてしまうことにつながります。また、肝炎や肝硬変など、肝臓に何らかの疾患を抱えている人が、ウコンを大量に摂取したことが原因で、劇症化し亡くなってしまったケースもあるのです。また、脂肪とまでは行かなくとも肝硬変から肝臓がんへと症状が進んでしまうケースも実際に起きているのです。上記に述べたようにウコンには体に必要なミネラルの鉄分が多く含まれていいますが、鉄分の摂り過ぎも体に良くないので、ウコンを摂取している方は鉄分の過剰摂取にも注意してください。

 

注意

疾患を抱えている場合には量に限らず注意が必要

また、胆汁管障害や胆石を患っている場合でも、利用の際には注意が必要です。ウコンに含まれるクルクミンには、胆汁の分泌を促す効果があるとされているため、かえって刺激になってしまう可能性があるからです。あとは、血栓塞栓症治療などで血液をサラサラにさせる薬を服用されている方の場合、ウコンにも同様の作用があるといわれていますので、効果が正しく発揮されなくなる恐れもあります。どちらにせよ、何らかの疾患などで治療を受けている場合には、必ず医師に相談をしたうえで適切な指示の元利用するようにしましょう。どのような状態にせよ、過剰摂取をしていいことは一つもありません。では、一体どれほどの量を1日に摂取すれば、ウコンの摂り過ぎだといえるのでしょうか?

ウコンの適切な摂取量は?

ウコンは食品ですので、食品として口にする分には、大きな副作用など心配する必要はないとされています。しかしサプリメントや飲料などで摂取をする場合には、過剰摂取に注意が必要です。とはいっても、特別国で摂取量の上限などは定めていないのが現状です。基本的にはサプリメントや食品に記載されている分量を守っていれば心配はありません。ちなみに、ウコンの場合、1日の目安とされている摂取量は、1.5g~3gとされています。これは粉末乾燥されたウコンを前提とした摂取量になります。サプリメントなどの場合、濃度などが異なるため必ずしも同様の分量内であるとは限らないようです。この場合、注目すべきはクルクミンの分量です。WHOでは、1日に摂取するクルクミンの上限量を30mg程としていますので、内容量を確認して摂取するようにすれば安心でしょう。

ウコン

まとめ

ウコンは天然の食品ですので、たくさん食べても基本的には問題がありません。ただし、肝炎や肝臓に何らかの疾患を抱えている人、または病気の治療で投薬を行っている場合には、注意は必要になります。また、妊婦さんなどの場合でも、ウコンは避けたほうが良いとされる意見もありますので、必ず商品の注意書きなどをよく読んだうえで利用するようにしましょう。ウコンに限らずどんなものでも食べ過ぎ、過剰摂取は体にプラスになることはありません、かえって負担をかけるだけですので適度な量を摂取するように日頃から心がけておいてください。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。