クルクミンの1日の摂取量

この記事の所要時間: 330

ウコン

どのような栄養素であっても、摂り過ぎてしまってはかえって健康を害したり、体に悪性強を

及ぼしてしまうものです。肝機能を高めてくれる効果や、コレステロールを低下させてくれる

効果などが期待できるクルクミンですが、1日にどれくらいの摂取が望ましいとされているの

でしょうか?今回は、クルクミンの摂取量について説明していきましょう。

クルクミンの1日の摂取量はどれくらい?

摂取量

クルクミンは、ウコンなどに含まれている色素成分です。ウコンを原料とする食品や飲料、サ

プリメントなどに含まれていることが多いです。WHO世界保健機構にて定められているクル

クミンの1日の摂取目安量は、体重1kgに対して3mgまでとされています。体重が50kg程であ

れば、1日に摂取できる上限は150mgまでということになりますね。ただし、多くのクルクミ

ンが含まれている健康食品や飲料などにおいては、1日あたりに摂取するクルクミンは30mgま

でとしているようです。

クルクミンを摂り過ぎるとどうなるの?

では、知らずにこの上限を超えてクルクミンを摂取してしまっていた場合、何か大きな問題は

あるのでしょうか?上限を超えて摂取することを、過剰摂取やオーバードーズといいますが、

当然クルクミンもあまり多く摂り過ぎると、肝臓に負担をかけてしまうことにつながりますの

で、注意が必要です。クルクミンの成分はウコンのみに含まれているため、ウコンから摂取に

なります、ウコンを摂取すると鉄分が豊富なため鉄分の過剰摂取で肝臓への負担が大きくなり

ます。ウコンの100g辺りの鉄分量は41mg程度です。鉄分の1日の摂取量としては成人男性で

10mg、成人女性で12mg、妊娠中や授乳中は一日に20mgとされていますのでウコンには鉄分

の含有量が多いので注意が必要とされています。流石にウコン100gを食べる人はいません

が、ウコンには鉄分が多いと覚えておくのは良いかもしれません。ただしクルクミンは、水に

溶けにくく油に溶け込みやすい脂溶性でもあるため、摂取しても大概が体の外へと排出されて

しまう栄養素でもあります。ですので、摂取した分すべてが体に蓄積されたり作用をするとい

うわけではないので、クルクミン自体はそう心配する必要はありません。ウコンに含まれてい

る鉄分の過剰摂取にならないように注意した方が良いかもしれません。

NG

疾患がある場合はクルクミンの摂り過ぎに注意が必要

一部情報で肝硬変などの方が、クルクミンを含むウコン食品直を摂り過ぎた結果、症状を悪化

させてしまったり、劇症化させてしまい死に至ったという情報もあります。また、同様に肝炎

を患っている方も肝機能を低下させてしまったというような話も耳にしますよね。実は、この

副作用はクルクミンによるものではなく、ウコンに含まれている鉄分が影響するということが

分かっています。クルクミンというとウコンというイメージがあるため混同しやすいのです

が、クルクミンについてはこのような副作用はないということを知っていただければと思いま

す。鉄分の摂取量は上記にも書いておきましたのでくれぐれも鉄分の摂り過ぎに注意してくだ

さい。沈黙の臓器と言われる肝臓への負担が大きくなりますので。。。肝臓は痛みを感じるこ

となく病気が進行していくので…ウコンのサプリメント等で摂取するときは鉄分の含有量も気

にすると良いでしょう。

まとめ

クルクミンにも副作用といえる影響は少なからず確認がされています。クルクミンには、血液

をサラサラにさせる作用があることが分かっているのですが、これと同様の作用がある薬と併

用するとその効果を余計に高めてしまう働きがあるといいます。血栓塞栓症治療などの目的で

ワーファリンなどの抗凝固剤などを使用している場合、薬品の効果が極端に高まってしまうリ

スクなどもあると報告されているため、使用時には医師と相談が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加