ウーロン茶ポリフェノールのダイエットの効果

この記事の所要時間: 319

ウーロン茶

ウーロン茶は、お酒の席などでも馴染み深い飲料ですが、含まれる成分には、健康やダイエットへの効果に期待が持てるものが多いのです。特にウーロン茶ポリフェノールといえばダイエットサプリなどにも使用されているくらいですのでどれほどの効果が期待できるのかを見ていきたいと思います。

ウーロン茶ダイエットの基本

ウーロン茶のカロリーはご存知でしょうか?なんと!烏龍茶は、0Kcalで1杯につき約40Kcalのエネルギーを燃焼する効果が確認されているのだそうです。40Kcalというのは、実は体脂肪の6gに相当するのです。これは、烏龍茶1杯で6gの脂肪を減らすということになりますよね?

また、烏龍茶は、お腹まわりのダイエットに効果があるといわれています。ウーロン茶ポリフェノールには、体脂肪の吸収を抑制する効果があり、食事の後に血液中の中性脂肪が上昇するのも防いでくれます。中性脂肪は後から身体の脂肪に取り込まれてしまうので、中性脂肪を減らすことで身体に脂肪が付きにくくなるのです。

烏龍茶に含まれるタンニンには、タンパク質を引き締める効果もあるそうです。肌を引き締めたり、腸を引き締めたりするため肌が若々しくなります。さらに便秘や下痢の解消にも繋がるといわれます。便秘も肥満の原因になりますのでこれもダイエット効果に繋がりそうですね。またこのタンニンには、メラニン色素の生成を抑える効果があるといわれますので美白効果にも期待できます。ダイエット&美肌効果でうれしいですね!

ウーロン茶

摂取の方法

ウーロン茶ダイエットに一番肝心なウーロン茶の摂取の仕方です。

必ず温かいウーロン茶を摂取します。ダイエットの効果を望むのならば温かいウーロン茶の方が内臓も身体も温まり代謝がアップされますのでダイエットの効果がアップします。1日あたりの摂取量の目安としては800ml〜1000mlまでが適量といわれていますので飲みすぎにはご注意下さい。生活のスタイルに合わせて3~4回ほどに分けて摂取なさるのが良いと思います。

タイミングとしましては、ウーロン茶には、脂肪の吸収を抑えてくれる効果と消化促進の効果もありますので、食事と一緒に摂取もしくは、食後に摂取なさるのがオススメです。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動と併用する場合には、運動開始の数十分ほど前が良いといわれています。

※烏龍茶の脂肪の代謝を促す性質を利用し、脂肪燃焼を高めるには、運動前などに摂取します。さらに運動中の水分補給も他の飲料ではなくて烏龍茶を摂取すると効果的です。運動中は、代謝が上がるために、烏龍茶の代謝を高める効果との相乗効果を狙うことで脂肪燃焼効果が期待できます。効果

~ワンポイント~

◆油っこい食事の後などにウーロン茶を飲む習慣をつけるとダイエットは、もちろん健康維持にも役立ちます。

◆抽出したウーロン茶ポリフェノールを添加してある黒烏龍茶は、普通のウーロン茶よりもポリフェノール含量が多くなっているためにダイエット効果も上がると思われます。

注意事項

飲んだらすぐに痩せるというダイエットでは、ありませんので一時的に多量に摂取するようなことはお避け下さい。また、烏龍茶にはカフェインが含まれておりますので就寝前なども避けた方が良いと思われます。また、カフェインを摂りすぎると、体にあるビタミンミネラルを体外へ排出してしまうのでご注意ください。ウーロン茶には、タンニンやカフェインが多く含まれていますので空腹の状態での摂取は、胃腸に影響を与える可能性がありますのでお避け下さい。効果

まとめ

以前にウーロン茶をダイエット目的で飲んでいた時は、食事中に主に飲んでいましたが胃がもたれやすかったです。特に黒烏龍茶のほうがきつかったですね!食前に飲んだ時には、本当に胃が痛くなりました。それで食欲がなくなり食べる量が減ったものの健康に悪いのでオススメ出来ません。胃腸が弱い方は、お気を付けくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加