株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ウコンは実は肝臓に悪い!?

カテゴリー:

ドラッグストアで必ずと言っていいほど目にするウコン。飲み会の前に飲まれる方も多いですが、実はウコン肝臓悪いという話を聞いたことはありませんか?肝機能を高めてアルコールの代謝を促進することから、むしろ肝臓に良いと考えがちですが、最近になって逆説が広まりつつありますのでそれについて調べてみました。

ウコンがなぜお酒の席で使われるのか?

二日酔いを予防する

ウコンに含まれる特有成分のクルクミンには、肝臓の持つアルコールの解毒を強化する作用と胆汁の分泌を促す作用から二日酔いや悪酔いを防ぐことができます。体内に大量のアルコールが入ってくると、毒素であるアセトアルデヒドが生じ、それが体内に滞留することで二日酔いが起こります。このアセトアルデヒドの代謝を胆汁は促進する作用があり、この働きによって二日酔いを予防します。

脂肪肝の予防

また肝機能が低下すると肝臓に脂肪がたまりやすくなります。肝臓に脂肪がたまったままだと、脂肪肝や肝硬変などを引き起こします。肝臓は症状が出づらいため、気づいたときには重篤化しがちですので日頃から検査を受けておくことが大切です。クルクミンはαリポ酸という補酵素と合わさって肝機能を高めます。これによって、肝臓に脂肪が沈着するのを防ぎます。

Cf.脂肪肝とは?

過度な飲酒や暴食を続けていると、中性脂肪が肝臓に溜まっていき脂肪肝となります。本来肝細胞は、糖を使ってエネルギーを供給しますが、脂肪によってこの一連の流れが妨げられるようになった状態が脂肪肝です。こうなると、糖ではなく脂肪からエネルギーを作ろうとするようになり、これがつづくと細胞に存在するミトコンドリアが巨大化の後に機能停止に陥ります。これがやがて肝炎などの病気につながっていくため、この段階になるまでに予防することが肝臓の病気を防ぐうえで重要なのです。

 

ウコンの持つアルコールの無毒化作用

お酒の席で飲まれるウコン。ウコンの有効成分であるクルクミンが肝臓でのアルコールの分解を助けて、二日酔いや悪酔いを防ぐことから肝臓に良い効果を与えるものと思われています。しかし、実はこの一連の作用が肝臓に余分な負担をかけているのです。

ウコンに含まれるクルクミンには、肝臓が分泌する胆汁の量を増やして肝機能を高めてアルコールを無害な物質へと変えます。ウコンはこの胆汁の分泌を促して、悪酔いや二日酔いを防ぐというわけです。しかし、胆汁の分泌を促すことで肝臓を急かして負担をかけているという説が最近になって囁かれるようになりました。

本来臓器が出す消化液は血液などから運ばれる栄養素などを元にして、必要な量だけ分泌されるものです。仮にお酒を飲みすぎたとしても、少量程度なら脳や身体の器官が柔軟に対応して量を増やしたり逆に減らしたりできます。しかし、ウコンを使って本来の臓器の機能以上にそれを促すと、それが負担になっている可能性があると言われるようになりました。明確なエビデンスはありませんので、この可能性がある程度に考えてください。

ウコンの鉄分がもたらす副作用

肝臓に病気を患っている方にとっても、ウコンが負担になる場合があります。なぜ肝機能を高めるウコンが負担となるのか?その原因はウコンに含まれる鉄分だと言われています。

C型肝炎など病気の状態の肝臓は、鉄が健常者に比べて溜まりやすい状態にあります。そしてこの状態で鉄分が豊富なほうれん草やウコンなどを食べると、余分な鉄分が蓄積されていきます。こうなると、肝臓に溜まった鉄分は酸化しやすくなりより肝臓にダメージを与えてしまうというわけです。

肝臓に病気や心配のある方は、ウコンを使う際には必ず医師に相談するようにしてください。

関連記事:『ウコンが持つ酒酔い対策などの効能』

肝臓


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU