ウコンサプリの健康効果

この記事の所要時間: 315

ウコン

ウコンはアルコールを代謝、分解する作用を持つことからお酒を飲む前に使われることの多い健康食材です。しかし、抗酸化作用を持つことはあまり知られておらずサプリメントなどで継続的にとると美肌効果なども期待できる食材でもあります。

ウコンについて

ウコンにはお酒の席で使われることの多い食べ物ですが、それはクルクミンというウコン独自の成分の効果によるものです。クルクミンとは抗酸化作用を持つポリフェノールの一種であり、肝機能を向上させて解毒能力を強化する働きがあります。

クルクミンという名前は、アラビア語で黄色を意味する「クルクム」に由来しており、ウコンの学名「クルクマ」の由来も同様です。ウコンは、古来インドや中国などにおいて生薬として使われていました。日本では江戸時代に伝わってきて肝臓や胃腸の薬として重宝されており、現代でも肝臓機能を改善させるものとして使われています。

 クルクミンとは

クルクミンの効果で特に注目されているのは、アルコールを分解する作用です。体内でアルコールを無毒化する肝臓は、体内で作用する酵素などの物質を多く生成する働きを担っており、解毒と代謝という重要な機能を行っています。

例えばアルコールは本来人体にとって有害な物質ですが、肝臓が産生する酵素によってそれを完全に無毒化します。肝臓に運ばれたアルコールは、ADA(アルコール脱水素酵素)の働きによりアセトアルデヒドに分解されます。さらにALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)によって酢酸に分解され、 そしてアセチルCoA合成酵素の働きなどを経て水と二酸化炭素に分解されます。これらの長い過程が肝臓だけで行われています。また代謝という機能も人体を健全に維持するために重要です。脂肪が肝臓内で脂肪酸に変化してエネルギー源として利用されるなど、人体にとって不可欠な働きを担っています。

 効果

ウコンの健康効果

 肝機能を高める

ウコンに含まれるクルクミンには、肝臓の解毒能力を高めて胆汁の分泌を促す働きがあり、それによって肝機能を高めることができるとされています。

胆汁は、肝臓から分泌される消化液であり、水と油の両方に親和する性質から脂肪分を乳化して消化や吸収を助けます。肝機能が低下して胆汁の分泌が落ちると、肝臓への負担が増しますが、クルクミンは胆汁の分泌を促進させることで、肝臓への負担を軽くします。

 

二日酔いを予防する

クルクミンの解毒強化作用と胆汁の分泌を促す作用から二日酔いや悪酔いを防ぐことができます。肝臓が処理しきれないほど大量のアルコールを摂取すると、アルコールを分解する過程でアセトアルデヒドが生じ、それが体内に長時間滞留することで二日酔いが起こります。胆汁には、アセトアルデヒドの代謝を促進する作用があり、この働きによって二日酔いを予防します。

 脂肪肝の予防

クルクミンにはαリポ酸という体内補酵素と合わさって肝機能を高めて、グルタチオンという酵素を肝臓で生成します。このグルタチオンが肝臓のアルコールに対する影響を抑えて肝機能の低下を防ぎます。肝機能が低下すると肝臓に脂肪がたまりやすくなり、脂肪肝や肝硬変などを引き起こしやすくなりますので、これを未然に防ぐ効果があります。

サプリメントで使うなら

ウコンはドリンクとして飲まれることが多く、お酒の席の前に使って二日酔いの防止などに使われます。ですが、ウコンに含まれるクルクミンには肝機能を強める効果だけでなく抗酸化作用を強めるといったポリフェノールとしての機能もあり、そちらも十分有用です。活性酸素を除去することで老化を防いで肌のハリや弾力を若々しく保つ効果もあります。普段の食事からポリフェノールを継続して摂取するのは難しいため、これらの目的でウコン配合のサプリメントが使われることも往々としてあります。

効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加