株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

タウリンの効果と摂取量について

カテゴリー:

タウリン

タウリンには、肝機能を高める効果や疲労を回復させる効果があります。一見他の栄養素と大差ないように思えますが、これらの効果からダイエットなどに応用できると考えられており、密かなブームとなりつつあります。今回はタウリンの使い方と摂取量についてお話いたします。

神経系に多く含まれるタウリン

タウリンとはカキやイカといった魚貝類に多く含まれる成分であり、疲労回復効果肝臓の機能を高めるといった効果があります。人体のほとんどの器官に含有されており、特に心臓や神経系に存在しています。あまり知られていない栄養素ですが、食物からの摂取が重要な成分であり人体に不可欠です。

 

タウリンの持つ健康効果

肝機能を安定させる

タウリンは肝臓が分泌する胆汁を構成する主成分であり、タウリンを摂取することで肝機能を強める効果があります。胆汁は十二指腸で膵液と混ぜることで、脂質やタンパク質を分解して腸からの吸収を助けるます。また肝機能が安定していると、代謝が健全に行われるので疲労感や倦怠感がなくなります。もし動機や息切れなどの症状がある場合は、肝臓に障害がある可能性もありますので一度医師にご相談することをお勧めいたします。しやすくします。

血圧を安定させる

また血圧の上昇を抑える効果がありますので、高血圧の方にはとってほしい成分です。血圧が高い状態ですと、動脈硬化や脳卒中、あるいは心疾患のリスクを高めます。血圧降下剤を使えば大丈夫と考えている方も多いですが、日頃の食事に気を付ければ症状を改善させることもできます。食事の際には野菜から食べたり、ストレスをためないように過ごすなどが有効です。私の知人には20代から食前に必ず漢方を飲んでいる方もいらっしゃいます。さすがにそこまでしなくてもと思いましたが、健康意識を常日頃から持っておくのは大切なことです。

効果

ダイエットにも使える!?

タウリンは胆汁の分泌を促進させますが、胆汁はコレステロールを原料にして生成されますので脂質を消費させることにもなります。また血液中の悪玉コレステロールを排出させて血液をきれいにしてくれる作用がありますので、胆汁が多くなることで消化や代謝が促進されて健康な身体を作ることができます。

タウリンの目安摂取量

タウリンの一日に必要な摂取量は500mg程度といわれています。これはタウリンが豊富な食材を摂り続けていないと達成できない量であり、現実的にそのような食材を継続して摂り続けることはほぼ不可能です。さらに牡蠣などの食材の栄養素は季節に大きく左右されますので、その理由もあります。

なので、この量を摂るにはサプリメントや栄養剤などを使う必要があります。しかし、タウリンはタンパク質やビタミン類と違いとっていないと失調的状態になるというわけではありませんので、基本的にはそこまで意識しなくても大丈夫です。ただし欠乏するまでになると、肝機能障害や高血圧のリスクが出てきますので、その前にイカやタコなどからタウリンをとっておきましょう。目の網膜にも必要とされる成分ですので、視界がぼやけたりする場合も同様です。

タウリンを摂るには

タウリンは体内で生成される栄養素であり、必ずしも食事に頼らなくても摂ることができるように思われます。しかし、自然に作られる量のタウリンでは目安摂取量にとても及びません。そのため、食物からの摂取が重要になってきます。

タウリンは水溶性の栄養素のため、煮たり焼いたりするとかなりの量が失われると考えられます。なのでイカやタコを刺身で食べるのがおすすめです。牡蠣も生で食べられますが、個人的には食中毒など起こしやすいので避けています。焼く場合は仕方ありませんが、煮る場合は煮汁にタウリンがにじみ出ていますので、煮汁ごと食べるのがお勧めです。

関連記事:『効果的にタウリンを飲む時間について』

時間


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。