白いんげん豆でダイエット効果

この記事の所要時間: 248

白インゲン豆

最近、ダイエット効果のある食品として「白いんげん豆」が注目されているのを知っていますか?そもそも、ダイエット効果の有無以前に白いんげん豆自体にあまりなじみが無いという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は今注目されている白いんげん豆のダイエット効果についてご紹介したいと思います。

白いんげん豆とは

インゲン豆は、メキシコ中央部からグアテマラ、ホンジュラス一帯が原産地とされるマメ科の一年草です。別名でサイトウ(菜豆)、ゴガツササゲ、サンドマメなどともいわれています。

・白いんげん豆って、どうやって食べるの?

日本ではあまりなじみが無い白いんげん豆ですが、実は世界中で食べられているメジャーな豆のひとつなんです。
その名前の通り、いんげん豆の中でも白色のもので、高たんぱくかつカリウムカルシウム、鉄分など栄養豊富なので世界的には煮込み料理やスープの具材としてよく食べられています。
日本では、和菓子の白あんや、大福豆、白金時豆などで昔から使われていますが、最近ではサラダに入れて食べることも多いようです。

・白いんげん豆のダイエット効果とは?

そんな栄養的にも優秀な白いんげん豆ですが、近年ダイエット効果があるとして注目されているのが、白いんげん豆の中にある「ファセオリン」という成分です。
お米やパンや麺などの炭水化物は、体内に入ると膵臓から分泌されたα-アミラーゼという消化酵素によりブドウ糖に分解されます。そしてブドウ糖は膵臓から続けて分泌されたインスリンによって内臓や筋肉の細胞に運ばれてエネルギーとなります。
ただし、ブドウ糖の量が多くてエネルギーにできない分は脂肪となって体内に蓄積されます。これが体脂肪であり、肥満のもとです。
そして白いんげん豆の成分であるファセオリンは、このα-アミラーゼの働きを抑制するのです。
つまり体内に入ってきた炭水化物をブドウ糖に変える働きを阻害するので、余計なブドウ糖が作られない、つまり余計な脂肪分にもならない、というわけなのです。
ついつい炭水化物を摂り過ぎてしまう現代人、そして日本人には、炭水化物の吸収を抑えることのできる成分が入った白いんげん豆はダイエットにうってつけといえるでしょう。

ダイエット

・適正にダイエット効果を得るには。

日本人が大好きな炭水化物の吸収を抑えることができるのが分かりましたが、じゃあそのダイエット効果を得るためにはどうすればいいのか?
白いんげん豆をたくさん食べるのがとてもシンプルですが、白いんげん豆は生で食べると下痢や嘔吐などの症状を起こす毒性があり、また料理にしてもそんなに大量に食べられるものではないのであまりおすすめできません。
効果的に安全に白いんげん豆のダイエット効果を得るには、白いんげん豆抽出成分が入ったサプリメントが手軽に摂取できるのでおすすめです。

まとめ

白いんげん豆の成分には炭水化物の吸収を抑える効果はありますが、「痩せる」効果はありませんので、ダイエットとしては、やはり運動なども組み合わせることでより効果的なダイエット効果が期待できるでしょう。また炭水化物の吸収を抑える働きがあるからと言って、炭水化物を余分に摂取してしまうのも良くないので、いつもの食事に白いんげん豆のサプリメント+運動で効率よくダイエットをしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加