妊婦さんはセンナ茎に注意

この記事の所要時間: 322

センナ茎

妊娠すると便秘に悩みやすくなります。そこで、センナ茎を使用してスッキリしたいと思うか

もしれませんが、ちょっと待ってください!それはとても危険な行為なので注意が必要です。

・なぜ妊娠すると便秘になるの?

妊娠すると、女性ホルモンのプロゲストロンが常時たくさん分泌されるようになります。この

プロゲストロンは正常な妊娠期間を維持するのにも役立ちますが、消化管の筋肉をゆるめる作

用もあるのです。筋肉が弛緩すると、腸の動きも弱まりまり、結果便秘になってしまうという

わけです。

もう一つの理由につわりがあります。つわりの様子は人それぞれですが、多くの場合、なかな

か食事が喉を通らなくなり、せっかく食べても吐いてしまいます。そのせいで腸にものが溜ま

らないので、便が出なくなるのです。

また、妊娠も中期に差し掛かるとお腹の中の子供はだいぶ大きくなります。子供が入った子宮

に押されて、小腸や大腸は背中側にぐっと押され形を歪めてしまうのです。すると排泄物はう

まく腸の中を移動できなくなり、ますます便秘がちになってしまいます。

・センナ茎は妊婦さんNG

センナ茎は下剤に使用されているセンナの果実や葉と比べると排便を促す効果が弱いです。セ

ンナ茎に含まれているセンノシドとアントラキノン誘導体が大腸に作用し、便の水分量を増や

して、ぜんどう運動を活発化し排便を促します。

しかし、センナ茎も下剤より弱いとはいえ、服用する量によっては下剤と変わらないくらいの

効果を発揮します。あまりに腸の動きが活発化すると、密接している子宮に影響を及ぼす危険

性があるのです。

センナ茎を妊娠中の女性が服用すると、流産や早産の原因となりますので、どんなに便秘が酷

くても使用は必ず控えましょう。またセンナ茎のサプリメントやセンナ茶に限らず便秘に効く

とうたっているお茶などの健康食品にセンナ茎の成分が入っていないか確認して摂取するのを

お勧めいたします。

妊婦

授乳中も注意が必要

妊娠中はセンナ茎の服用は良くないと説明しましたが、出産後は大丈夫なのかとなると、お勧

めは致しません。センナ茎を服用することによって母乳を通じてセンノシドが赤ちゃんに伝わ

ってしまうからです。そうする事によって赤ちゃんの腸の働きが活発化して下痢になる可能性

が出てくるので出産後、母乳を与えている期間のセンノシドを含むセンナはお勧めは致しませ

ん。

・妊婦さんが便秘を改善する方法

とはいえ、いつまでも便秘のままでは身体によくありません。どうしたら便秘を改善できるのでしょうか。

1.牛乳やミネラルウォーターを飲む

冷えた牛乳や、ミネラルが多い硬質のミネラルウオーターを飲むと刺激されて腸のぜんどう運動が活発化して排便しやすくなります。

2.こんにゃくや海藻類を食べる

これらは水溶性食物繊維です。排便には食物繊維が欠かせません。他にも不溶性食物繊維が多い根菜類を食べるなど、食事内容にはこだわりましょう。

3.運動する

運動は自律神経の働きを正常化し、排便を促してくれます。適度な運動はお腹の子にもよい影響を与えてくれます。

4.身体を温める

冷えは万病の元であり、便秘の原因でもあります。妊婦は体温調整が難しいですが、身体が冷えないように気をつけましょう。

これらのことをしても、どうしても便秘が解消されない場合はお医者様に相談しましょう。

まとめ

便秘に効果的とされるセンナ茎の健康食品やサプリメント、またはセンナの果実や葉を使った

医薬品に分るされる製品とありますが、共に妊婦禁忌薬に指定されていたり、控えた方が良い

と注意書きされているので、妊婦の方は、そういった健康食品等は自分自身の判断で勝手に摂

取はしないのをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加