センナ漢方の便秘改善効果

この記事の所要時間: 334

センナ

便秘を解消することで、美容やダイエット効果が期待できます。腸を綺麗にすることで代謝を改善したりデトックス効果もあります。そこで使われるのがセンナを使った漢方です。ただし効果が非常に強力なため、用法・用量を守って服用しましょう。

 センナ漢方とは?

センナ茶などセンナを使った漢方は、強力な便秘改善やデトックス効果からダイエット目的で使われています。しかし、「便秘になってもセンナを使えばいい」と思って何度も使うのは実は危険を伴っています。センナの持つ即効性と強力な効果は漢方や医薬品などに使われるほど、身体に影響を及ぼします。用法を守ってきちんと使わないと、お腹を激しく下すなど苦しい思いをすることになりかねません。 センナを使うには、注意点を守ることが大切です。センナの良い使い方を見ていきましょう。

 

センナの健康成分

 センナが使われている漢方には主に2つの成分が含まれています。

 センノシド 

センナの実と葉の部分に含まれている「センノシド」と呼ばれる成分には、腸の機能を改善する効果があり、硬くなった便をやわらかくして排出しやすいようにしたり腸を刺激して排便しやすくする働きがあります。センノシドはセンナから抽出される成分であり、医薬品にも使用されています。 

アントラキノン誘導体

センナの茎に多く含まれている「アントラキノン誘導体」と呼ばれる成分も、排便しやすくする緩下作用と大腸内の筋肉を活性化させ腸のぜん動運動を促進する働きをもちます。ハブ茶など漢方に多く見られる成分です。 

これら二つの成分の相乗効果により腸を綺麗にするといわれています。

 センナ漢方の効果

 

腸をきれいにするデトックス効果で便秘解消!センノシドなどの成分により、腸のぜん動運動が活発になり腸内環境がきれいになります。毒素などの有害物質を排出して、デトックスになり、栄養を吸収しやすくして代謝を改善させ健康になります。

 

便秘を解消してダイエットに!ダイエットには、便秘解消は不可欠です。便が腸に溜まっていると、腸内に悪玉菌がどんどん増え続けて腸内環境が悪化していきます。そうなると栄養吸収が悪くなったり、食べているのに栄養が足りていないと脳が思い込んで食欲を増進させたりします。こうなると身体の様々な器官にマイナスですので、こうした事態を予防するために便秘の解消がダイエットにつながるのです。

効果

 センナ漢方の使い方

 一般的にセンナの効果は、服用してから腸に成分が行き届く610時間後に現れます。なので、センナ漢方は就寝前に服用するものが多いです。また効きすぎて下痢を起こす可能性もありますので、その間の時間は空けておくことをお勧めします。

  

副作用に注意!

 センナは漢方に使われる生薬のため、腸に過度の刺激を与えず安全性が高いものとして使用されています。しかし用量を誤るとセンナの成分が効きすぎて下痢や腹痛、嘔吐を引き起こす可能性があります。また胃腸の弱い方がセンナを使用すると、下痢をしてしまうという話もよく耳にします。 

またセンナの副作用はもう一つあり、便秘になるたびにセンナを使用すると長期的に続く腸への刺激に腸が慣れてしまい、排便が難しくなるということです。この状態が悪化すると、多量に腸を刺激する下剤を使わないと排便できなくなると「下剤依存症」に陥りかねません。もしセンナを使って数週間変化がないようであれば、服用を一旦中止して医師や薬剤師の方にご相談することをお勧めします。 

センナの使用は妊婦さんには禁忌です。

センナの成分が腸を過剰に刺激することで、早産や流産を引き起こす危険があります。また下痢や腹痛などのリスクもありますので、ただでさえ不安定な妊娠中に刺激の強いセンナを服用しないように気を付けてください。

 

まとめ

センナ漢方は優れた便秘薬ですが、それに腸が慣れてしまうと排便が難しくなりますので常用せずに困ったときにだけ使いましょう。漢方は便利なものですが、「病気になったらこれを使えばいい」と考えずに日頃から健康に気を付けて、それでもトラブルが起きたときに服用するのが良い使い方だと思います。

効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加