ローヤルゼリーの効果・効能(高血圧低血圧・動脈硬化)

この記事の所要時間: 331

20110425162938

ローヤルゼリー効果、効能を具体的に説明したいと思います。今回は高血圧低血圧動脈硬化への効果効能です。                                ローヤルゼリーについてはこちらから⇒ローヤルゼリーの成分と効果効能と副作用について ⇒ローヤルゼリーの効果・効能(疲労回復・アンチエイジング)             ⇒ローヤルゼリーの効果・効能(更年期障害・糖尿病)

低血圧・高血圧とは

mig

高血圧、低血圧はよく耳にすると思いますが、その前に血圧について軽く説明しますと、血管に流れる血液が、血管の壁を押し広げる力のことで。血液が血管壁を押す力が強くなるほど、血圧は高くなります。心臓が縮んで、血液を送りだしたときの血圧を収縮期血圧(最大血圧)といい、これを上の血圧とよびます。

低血圧は、上の血圧が100m/hg以下の場合を、低血圧とよびます。しかし、血圧が低いこと自体は、病気ではないですが、低血圧によって、治療を必要とする何らかの症状が現れると低血圧症と呼ばれます。低血圧症には4種類ありまして。

  • 本態性低血圧症
  • 症候性(二次性)低血圧症
  • 起立性低血圧症
  • 食事性低血圧症

症状としては、立ちくらみ、めまい、全身ののだるさ、頭痛、動惇・頻脈や場合によっては失神を起こすケースもあります。また、目覚めがよくない、起きれない、不安感、不眠、食欲不振などです。

高血圧は、慢性的に正常値よりも高い状態のことで、上の血圧が140以上のときか、下の血圧が90以上だと高血圧だとされています。血圧が高い人ほど心臓血管系の病気になりやすく、しかも死亡率が高いと言われてます。                          主な症状としては、頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸ですが、一概に高血圧による症状とはいえないので、はっきりした自覚症状がないため、知らないうちに高血圧が進行し、気づいたときには脳卒中、心筋梗塞や腎不全などの合併症を起こしてしまうこともあります。

低血圧・高血圧にローヤルゼリー

ill-douzo-w2-l

なぜ、ローヤルゼリーかと言うと、デセン酸やアセチルコリンと言った血圧調整に役立つ成分が豊富に含まれているので、高血圧にも低血圧にも効果効能があります。ローヤルゼリーを摂取しながら適度な運動と食生活を見直せば予防することができます。ローヤルゼリーには、血圧調整作用が備わっています。血圧が高ければ正常値に下げ、低血圧の方は血圧を正常値まで上げることが可能です。

動脈硬化とは

Senior man having sudden chest pain, suffocating

動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態を動脈硬化といいます。

動脈硬化は3種類に分けられます。
  • 粥状(じゅくじょう)硬化
  • 細動脈(さいどうみゃく)硬化
  • 中膜(ちゅうまく)硬化

原因としては動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなる粥腫ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなり。粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈は完全にふさがってしまいます。動脈硬化をすすめる危険因子としては、脂質異常症、高血圧、糖尿病、喫煙、高尿酸血症、肥満、運動不足、ストレス、遺伝素因があります。

動脈硬化にローヤルゼリー

images

ローヤルゼリーは動脈硬化にも効果があります、ローヤルゼリーにはパントテン酸が含まれておりこの、パントテン酸が動脈硬化に効果的なのです。パントテン酸は、血管壁に溜まっているコレステロールや中性脂肪を取り除く働きをします。動脈硬化の元になる物を取り除いてくれるので動脈硬化の予防にも向いているのです。

まとめ

高血圧・低血圧、動脈硬化と血液に関係することにもローヤルゼリーは効果的なので日ごろから健康を意識するなら積極的に摂るのは良いかと思いますが、あくまでも健康食品なのでこれをとっているから大丈夫ではなく、これプラス運動や食生活にも意識していければ尚、効果的かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)