レジスタントプロテインとは?話題の成分の効果

この記事の所要時間: 328

レジスタントプロテイン

レジスタントプロテインって聞いたことがありますか?まだ尋ねると聞いたことはあるけど

何?という方が多いので今回は、話題成分レジスタントプロテインの効果を含めてお話しし

ていきたいと思います。

レジスタントプロテインとは?

レジスタントプロテインとは、体内の消化酵素では消化されにくい食物繊維によく似た働きを

するタンパク質のことです。Resistantproteinとは、「消化されにくいたんぱく質」という意

味です。レジスタントタンパクともいわれています。

women

発見したのは?

1997年に広島大学の加藤範久教授の研究グループが、そばタンパク質の消化抵抗性が、血中コレステロールを低下させることを発見され「レジスタントプロテイン」という概念の発表をされたそうです。(広島大学HP参照)

成分の特徴

レジスタントプロテインは、たんぱく質の一種になりますが食物繊維によく似た働きをもって

いるのが特徴となります。

食物繊維に似た働きをするということでまずは、食物繊維の働きから簡単に説明したいと思い

ます。食物繊維とは、人の消化酵素では消化することのできない成分です。水に溶けない不溶

性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維との2種類があります。便秘を筆頭に腸内環境を整え

る働きや生活習慣病(心筋梗塞、糖尿病、肥満など)の予防や改善に効果があります。

一方、レジスタントプロテインは、タンパク質でも消化されにくいタンパク質(難消化性タン

パク質)になります。これまでは、消化の悪いタンパク質は敬遠されてきましたが、コレステ

ロールの低下や健康に良いということがわかってきました。

レジスタントプロテインはタンパク質ですが、食物繊維のように体内の消化酵素で消化されな

いという性質があります。したがってレジスタントプロテインは小腸で余分な脂肪やコレステ

ロールを吸収し、そのまま排出されるということになります。これらのことから、レジスタン

トプロテインには、食物繊維でも得られる効果が期待できそうですね。

動脈硬化や高脂血症予防する効果

難消化性タンパク質のため、食物繊維と同じように腸の働きを活性化させる働きがあります。

余分な脂質を吸収して体外へ排出する働きがあるためにコレステロールや中性脂肪を低下させ

る働きがあります。そのために、それらの増加が要因で起こる動脈硬化や高脂血症の予防と改

善に効果があります。

動脈硬化

便秘・腸内環境改善・肥満防止の効果

レジスタントプロテインは、脂肪を吸収して体外に排出し、血中のコレステロールや中性脂肪

を減少させる働きから、肥満防止にも効果があります。レジスタントプロテインは、便秘を改

善する効果には、定評があります。NHKの「ためしてガッテン」でもやはり、便秘の解消に効

果があったそうです。また、レジスタントプロテインには、腸内の善玉菌を増加させる働きが

あります。善玉菌増加させることで腸内環境は、改善されます。また、脂肪分を吸収して排出

されるということは、便も滑らかな感じになり、スルリンという感じで出やすくなるのです。

便秘解消で肥満はもちろん、生活習慣病などの予防にもなります。

~関連記事~

~レジスタントプロテインのダイエット効果~

~レジスタントプロテインを含む食品~(後日アップ予定)

まとめ

私のまわりの方には、レジスタントプロテインと聞くと分からなくても意外なことに酒粕が何

に良いか知っている?と聞いた方がご存知の方が多いことが判明しました。原因は、テレビ番

組で時々出てくるみたいですね!母なんてメモ書きまであり笑ってしまいました。ネットより

も情報はテレビで知る母位の世代の方々には、いわゆる横文字だと覚えられないのだそうで

す。酒粕、蕎麦、高野豆腐などのレジスタントプロテインを含む食品の話題は、別の記事でし

ておりますので良ければまた、ご覧くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加