霊芝(マンネンタケ)で免疫力UP

この記事の所要時間: 257

霊芝

古くから珍重されてきた「幻のきのこ」と呼ばれる霊芝(マンネンタケ)

数多くある霊芝の効能の中で一番代表的なものが、免疫力をアップさせる力です。

なぜ霊芝は免疫力をアップすることができるのでしょうか?

霊芝のどんな成分が免疫力をUPさせるのでしょうか?

■免疫力とは一体どんなもの?

健康

免疫力とは、カラダ本来がもっている防衛システムのことです。

何も見えていないようですが、カラダはウイルスなどの外敵や体内で発生するガン細胞などに

日々脅かされています。

こうした脅威から守ってくれるのが免疫力です。

ウイルスや病原菌がカラダに侵入してきても、すべて病気になるとは限りません。

それは、カラダの中で白血球やマクロファージ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が、侵入し

てきた外敵を倒し、感染するのを防いでくれるからです。

免疫力がうまく機能していれば、風邪もひきにくいですし病気にもなりにくいのはもちろんで

すが、疲れにくく丈夫というのも免疫力がうまく働いてくれるおかげです。

病気になったとしても早く回復するように助けてくれるのも免疫力です。

霊芝で免疫力UP

サプリ

さて、免疫力をアップさせるという霊芝の効能は、霊芝に含まれているβ-Dグルカンという有

効成分の働きによるものです。

実は霊芝の効能の本当の素晴らしさは免疫力アップというより、免疫力を調整する力に優れて

いる点です。

つまり霊芝には、免疫力が低下していればそれを高め、逆に過剰になっていればそれを緩和す

る働きがあるのです。

ひとつの方向に作用する薬との大きな違いといえるでしょう。

ただ、多くの場合問題となるのは、免疫力が低下しているケースですので、実質的には免疫力

アップの効果が大きく期待されています。

■β-Dグルカンとは

霊芝の有効性分であるβ-Dグルカンとはどんなものなのでしょうか?

β-Dグルカンは多糖類といってブドウ糖がいくつも結びついた構造をしています。

食物繊維の一種です。

β-Dグルカンは胃腸で消化・分解されず、腸内の免疫細胞に働きかけます

具体的にはカラダの中で、免疫をつかさどるマクロファージやナチュラルキラー細胞(NK細

胞)などを活性化するほか、インターフェロンの生成を促す働きもしています。

ちなみにインターフェロンとは外部から侵入したウイルスや細菌が体内で増えるのを防いでく

れる物質です。免疫力UPに注目されていますが、免疫力が過剰になっている場合は緩和してく

れる働きがあるので、免疫力の調整する働きと言っても良いかもしれません。

β-Dグルカンのこのような働きのおかげでカラダの免疫力がアップや調整し、ウイルスや細菌

と戦う力を高めることができるのです。免疫力を高める働きから抗がん作用等にも注目を浴び

ているようですが、霊芝はお薬では無いのでこの辺は薬事法に触れてしまうので何とも言えな

いです。

■まとめ

健康

体調不良や何らかの疾患はその多くが免疫力と関係がありま

す。特定の病気の予防や改善のためでなく、ミネラル等も含ま

れているので毎日を健康に暮らすためと考えて霊芝を生活に取

り入れてみてはいかがでしょうか?

気になる副作用もほぼないので、安心して試すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加