アレルギー症状に霊芝(マンネンタケ)

この記事の所要時間: 36

日本人の2人に1人が何らかのアレルギーに悩んでいると言われています。くしゃみや咳、鼻

水、かゆみなどの辛い症状を伴うため、一度発症するとつきあっていくのが非常にやっかいな

アレルギー。アレルギー対策として多くの薬や漢方、サプリメントがありますが、霊芝(マン

ネンタケ)にもアレルギー症状を緩和する働きがあると考えられています。

■アレルギーとは?

細菌やウイルスなどが侵入してきたとき、抗体を作ってこれを排除したり、カラダを防御した

りする免疫システムがカラダにはもともと備わっています。

適切な反応であればなんの問題もありません。

ただ、この免疫システムが本来カラダに害のない物質にも過剰に反応して攻撃してしまうのが

アレルギー反応なのです。

つまりアレルギーは免疫力が正常に働いてないために起こる疾患と表現することもできるので

す。

アレルギー症状を引き起こす物質をアレルゲン(抗原)とよんでいます。

代表的なアレルゲンとしてはダニ、花粉、ハウスダスト、卵、小麦粉などのほか金属や薬もあ

ります。
どのアレルギーに反応するかは人によって異なります。

アレルゲンが体内に侵入してくるとまず、IgE抗体というたんぱく質が生成され、マスト細胞

の周りにくっつきます。

その後アレルゲンが再び侵入してくると、IgE抗体にくっついたマスト細胞が過敏に反応して

ヒスタミンなどを放出します。

すると、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの辛い症状が出てくるのです。

例えば春先に多くの人を煩わす花粉症。

本来カラダに害のない花粉ですが、免疫システムが花粉を敵とみなし、鼻水やくしゃみで外に

追い出そうとしてしまっているのです。

霊芝とは

霊芝とはサルノコシカケ科のキノコの一種。日本では「マンネンタケ」という名でも知られて

います。梅やナラ、クヌギといった古木にだけ自生しますが、10万本に2~3本くらいの確

率でしか採取できなかったのです。非常に栄養価が高い事でも有名で有効成分も200種類以上

あると言われています。

■霊芝はアレルギー症状を改善できるのか?

霊芝は非常に苦いものなのですが、この独特の苦み成分は「トリテルペン類のガノデリック

」といわれるものです。

このガノデリック酸にはIgE抗体の過剰な放出を抑制する働きがあるとされています。

IgE抗体が過剰に体内に蓄積されると、ヒスタミンが放出されてアレルギー症状の原因になり

ますね。

これをガノデリック酸が抑えてくれることで、結果としてアレルギー反応も抑えることができ

ます。

霊芝は花粉症(アレルギー性結膜炎・アレルギー性鼻炎)やアトピー性皮膚炎、じんましん、

接触性皮膚炎をはじめとするさまざまなアレルギー疾患に効果があると言われています。

ちなみに苦みの強い霊芝ほどアレルギー症状に対して効き目があるとも言われています。

■まとめ

アレルギーというのは短期で完治するものではありません。

かといって長期的に薬を服用するのに抵抗を感じる方もいるでしょう。

霊芝の場合は、キノコなので副作用や常習性の心配はありません

また霊芝にはアレルギー反応を抑えるだけでなく、免疫調整機能や生活習慣病予防などのさま

ざまな効能があるので、健康な毎日を過ごしたい人に多くのメリットをもたらしてくれるでし

ょう。

アレルギーに悩むのは大人だけではありませんが、子供でも服用可能な霊芝の健康食品もあり

ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加