プロポリスの花粉症への効果、効能

この記事の所要時間: 320

28144065008

プロポリス…天然の抗生物質と言われているものです、万能薬とも言われております。この時期に花粉症の話はかなり早いですが来年の花粉症に備えて覚えておいてください。今回はプロポリスが花粉症にも効果的なのを説明していきます。

プロポリスについては⇒プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

花粉症とは…

images (1)

今更、花粉症について知らない、聞いたことが無いという方はいないと思いますが、簡単に花粉症について説明しときます。スギ花粉症の患者数は増加の一途をたどっており、今や日本人の3~4人に1人は花粉症を患っているといわれています。花粉が飛散する春先には、多くの人が鼻水、くしゃみ、目のかゆみ等が花粉症特有の症状です。スギ花粉症は、体がスギ花粉をアレルゲン(アレルギーを起させる物質)と認識して、それを排除しようと起こる防衛反応です。花粉が体の内に侵入してくると、その花粉(異物)に反応するIgE 抗体というものが作られ、そのIgE 抗体は肥満細胞の表面に付着します。再び侵入してきた花粉がIgE 抗体に結合すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されて、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てくるのです。

なぜプロポリスが花粉症に効果があるのか…

20140715kyokutann1

花粉症を辛くする症状はヒスタミンが原因ですが、そのヒスタミンを抑制する効果あります。また、プロポリスにはフラボノイドが沢山含まれています。植物に多く含まれるフラボノイドは、植物が自らの体を外敵や細菌等から守るためにもともと作られる成分です。そのフラボノイドの抗炎症作用により、鼻の粘膜の炎症を抑えたり、神経過敏になっている鼻の粘膜を安定させるので、辛い花粉症の症状を和らげたり、体質改善に導く効果があるようです。

  • プロポリスの持つ抗炎症作用により、鼻の粘膜の炎症を抑える効果があると考えられます。
  • プロポリスの成分の一つであるフラボノイドが神経をリラックスさせたり、安定させる効果があると言われています。それにより、神経過敏になった粘膜の神経を緩和させる効果があるのではないかと考えられます。
  • プロポリスに含まれる多くの多糖体による粘質により、鼻の粘膜に薄い膜を作る為、外の刺激から鼻の粘膜が守られる効果。
  • プロポリスの有効成分の一つであるジデルペンは細胞の働きを正常にする事が医学的に認められています。この事により、炎症を起こして傷ついた細胞を正常に戻す効果があるのではないかと言われております。

花粉症にたいしてどのようにプロポリスを使うのか…

women_ol_2

プロポリスには副作用が無いとの記載をあちらこちらで見受けますが、実際、プロポリスに良くない反応をしている人もいます。色々な食品アレルギーがあるのと同様に、プロポリスに対しアレルギー反応を起こす方がいる事も念頭に留め、少量から試しましょう。

・プロポリス液を綿棒に付け鼻の粘膜に少量塗布しますとプロポリスの持つ強力な麻酔力で花粉に対する過敏性がが軽減され効果的とのこと・商品によって違いますが、コップ半分ぐらいの水に5~10滴入れて1日1~2回飲みます。匂いや味がどうも苦手だという場合はジュース、牛乳などに混ぜて飲んでもかまいません。

ビタミンCを含む食品と一緒に摂ることがおすすめです。

飲む時間はいつでも良いのですが、一応毎食事後や、朝起きた時、就寝時など、習慣化しておく方が、飲み忘れなどもなくよいでしょう。

まとめ

プロポリスは天然の抗生物質とも言われているだけあり、試す価値もあります。人によりアレルギーがあるようですが、口にするものでアレルギーになる物は他でも沢山あることなので、摂取する際は様子をみながら摂れば良いと思います。

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)