魚の目の除去・治療にプロポリス

この記事の所要時間: 345

449009

足の裏の角質が厚くなりできる、魚の目(ウオノメ)、魚の目の除去にも使えるのがプロポリ魚の目原因や除去について纏めてみました。

魚の目

449009

魚の目とは、名前の通りに魚の眼球に似ていて、足の裏や指にできるのが特徴です。専門用語では、鶏眼(けいがん)と呼びます。皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深いところにまで進入して、硬い芯を作ります。魚の目は表皮の角質層が真皮内に向かって増殖し、芯の部分が皮膚の内側に、くさび形に入り込んで円形状になっており、先端が尖った円錐形のものが、皮膚の内部深くに入り込んだような状態です。その先端が真皮まで伸び、その芯が神経を刺激するので、強い痛みを感じます。男女問わず魚の目はできますが、靴などによって、圧迫や摩擦、衝撃を受ける場所、つまり、指の付け根や指の間、指の背側(上側)などにできることが多く、特にハイヒールやサンダルでアスファルトの上を歩いたりする女性のほうが、足に余計な負担をかけてしまい、魚の目ができる確率が高いです。タコであれば削るだけで症状が緩和されますが、魚の目は削っても痛みはほとんど取れません。何故なら、魚の目の芯は皮膚よりも深い部分にできるので、芯の部分をしっかりと除去しないと完治しません。

原因

魚の目の原因は生活習慣で、主な原因としてサイズの合っていない靴やサンダルやハイヒールなどの先端の狭い靴を履き続けたり、立っている時や歩いている時の姿勢が悪かったり、足の加重バランスが崩れたりすると症状が現れます。一か所の部分が突出してしまい常に同じ場所に圧力や摩擦が加わった結果、魚の目を発症します。このように魚の目ができたら、普段の生活習慣を見直す必要があります。自分に合った靴で歩き、姿勢を正すことで症状の緩和や予防、さらには再発防止も期待できます。また間接的な原因としては足の冷え(冷え性)があり、冷え性で足が冷たいと血行不良になりやすく、新陳代謝が滞ることで皮膚が硬くなって古い角質が固まりやすくなるからです。

タコとイボの違い
  • タコ

基本的に魚の目もタコもできる原因は同じですが、タコには魚の目にあるような中心の芯がありません、たこは皮膚表面に圧力のかかった部分全体の角質が異常に厚く硬くなっただけなので、特に痛みもないのが魚の目との違いです。硬くなった箇所は黄色っぽい色をしています。よほど悪化してひび割れたりしなければ、ふつう痛みはありません。むしろ角質が厚くなることによって、感覚が鈍くなっていることも多いようです。たこは痛みがないからといって放っておくと、悪化してひび割れて出血して痛みを伴ったり、結局、魚の目ができてしまうこともあります。そうなると、治療にも時間がかかりますので気づいたら早目の治療をした方がよいです。治療の方も簡単で、肌の新陳代謝を利用して自然に治るのを待つ方法と、やすりなどで角質を削ってしまう方法があります。

  • イボ

イボは、魚の目といぼはよく似ていて、魚の目といぼを見分けるのは難しく、いぼそのものが、芯のように見えます。いぼの場合は、うつったりすることもありますし、治療法も異なります。いぼは、全身のどこにでもできる可能性があります。イボと魚の目の判断ができない際は皮膚科に行くのをお勧めします。

プロポリスで魚の目治療

角質が硬くなって芯ができてしまった、魚の目には、プロポリスも有効的です。プロポリスには強力な殺菌作用があり、病気やケガの治療に効果があるとされています。また、抗菌・抗ウイルス作用もあるので、家庭薬としてヨーロッパでは古くから利用されてきました。魚の目をはじめ、湿疹、アトピー、水虫などあらゆる皮膚疾患にも効果があります。

プロポリスについては

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

何故、プロポリスが魚の目やタコに良いのかと言うと、プロポリスには新陳代謝を活発にし皮膚を再生させる働きがあり、これによって角質が消え、新しい皮膚が再生して魚の目が治ります。また、副作用もないそうですから安心して使えます。実際にプロポリスで治療をした方の体験談だと、1か月程度で魚の目が無くなったそうです。

まとめ

天然の抗生物質と言われているプロポリスは、飲むだけでなく塗っても効果があり、まさに万能薬とも言えるでしょう。

そんなプロポリスの栄養成分はこちらから→プロポリスの栄養成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加