プロポリスとローヤルゼリーの違いと同時摂取

この記事の所要時間: 421

88a593a78a25adba75bf6eee64bb9f7b-e1383710874725

ハチミツやプロポリスローヤルゼリーは共に蜂産品になりますが、ハチミツはわかるけど、プロポリスとローヤルゼリーの違いって何?と思っている人も多いかと思います。ミツバチ達によって作れれていますが、全く別物です。何の違いかあるのかと、同時に摂取しての相乗効果を纏めてみました。

プロポリス

プロポリスとは、ハチミツの一種やハチミツから作られた物と勘違いされている方も多いかと…プロポリスは、ラテン語の「PRO」(前、正面)とギリシャ語の「POLIS」(都、国家)を合わせたもので、「敵の攻撃や侵入を防ぐ」という意味があります。名前のとおり、プロポリスとは、ミツバチが外敵から身を守るため、植物の樹脂を集めて、ミツバチの唾液を混ぜているものを巣箱の隙間や内壁に塗り固めて作る粘土状物質になります。ミツバチはこの粘土状の物質を入り口に塗ることで、巣の出入り口を狭くして敵の侵入を防いだり、巣を補強したり、保温状態を一定に保ったりしています。まプロポリスには殺菌効果もあるため、有害物質から身を守ったり、巣の内部を無菌状態に保つことができるのです。例えば巣に外敵が進入した時、多数のミツバチが蜂毒で外敵を殺し、死骸は巣から運び出されますが、時には死骸が大きくて運び出すのが不可能な場合は死骸をプロポリスで覆います。一つの巣箱内には多いときで5万匹以上のミツバチが集団生活をしていて過密世帯のため、常に巣箱内の衛生状態を良く保つ必要があります。そしてプロポリスで覆われた死骸は腐敗せずミイラ化され、無菌状態で保たれます。巣の出入り口には、プロポリスを塗りミツバチ一匹がやっと通過する事が出来る狭さで、長いトンネルを作り常にこのトンネル内は新しいプロポリスで補給され、外勤より帰巣するたびに自身の体をプロポリスと接触する事によって外部から持ち帰る有害菌の滅菌おこなっています。このような事から、プロポリスには強い殺菌効果があります。その為、効果も色々とあり、皮膚疾患では、やけど、水虫、ウオノメ、アトピー性皮膚炎、ウイルス性皮膚疾患など。内科系では、胃炎、胃腸潰瘍、十二指腸炎、大腸炎、膀胱炎、腎臓炎、前立腺障害、喘息、気管支炎、結核、肝炎など。動脈硬化や貧血にも効果があるようです。他にも、ものもらいなどの目の炎症、歯痛や口内炎、歯槽膿漏にもよく、さらには二日酔いや育毛効果もあります。そしてガンにも有効と91年10月に国立予防衛生研究所と協和発酵東京研究所の研究グループがあると発表しています。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーも、プロポリスと同様に、ハチミツの一種やハチミツから作られたものと思っている方も多いと思いますが、プロポリスと同様、別物です。ローヤルゼリーは、働き蜂が花粉を材料として体内で合成し分泌したものです。見た目はとろりとした乳白色の物質で、酸味が強く、蜂蜜とはまったく異なります。ミツバチを維持するために必要不可欠な食べ物です。

実はミツバチは、卵の段階では、働き蜂も女王蜂も同じメスであり、全く違いがありませんが、孵化してから3日目まで、ローヤルゼリーより栄養価の低いワーカーゼリーを食べ、4日目以降、蜂蜜と花粉を食べるメス蜂は働き蜂となります。一方、女王蜂となるメス蜂は孵化してから生涯、ローヤルゼリーを食べ続けけ、唯一のスタミナ源の食べ物です。ローヤルゼリーは、女王蜂だけが食べ続けることを許される特別な食べ物なので、“ロイヤル”というわけです。そして、ローヤルゼリーを食べつつ、女王蜂に成長する段階で、卵巣の成長を大いに促し産卵期には毎日自分の体重に匹敵する2000個以上の産卵を行い、働き蜂の3,4ヶ月の寿命に対し何と3年以上の生命力を保持するに至ります。このように、遺伝子的に全く同じ受精卵を働き蜂と女王蜂に分化させるのはまさにローヤルゼリーの神秘的な力といえるでしょう。これは、他の生物ではあまり類のないことと言えます。ローヤルゼリーは非常に栄養価の高い食べ物です。アミノ酸22種類、ビタミン10種類、ミネラル7種類、その他ローヤルゼリー特有の成分10種類。

違いは何?

プロポリスとローヤルゼリーの大きな違いとしては、プロポリスは殺菌効果などの有るもので、ローヤルゼリーは、栄養が豊富な物と思っていただければよいかと。

他には、ローヤルゼリーは、働き蜂の体液です。働き蜂は花粉や花の蜜を食べ、体内で酵素により分解、合成して作り出し、女王蜂が生きていくための食事として役立っています。プロポリスは植物の樹脂を集めて、ミツバチの唾液を混ぜているもので、巣をつくるための強化材として活用されています。更に殺菌のために活用されています。ミツバチはこれを体に塗りつけることによって、バイ菌から体を守っています。

同時摂取

プロポリス、ローヤルゼリーは、共にミツバチが作っていますが、原料も違いますし、目的も違い、効果も違います。なので同時に摂取しても問題はありませんし、プロポリス、ローヤルゼリーの良いところを十分に発揮できると思います。ローヤルゼリーで栄養をしっかり補充し、外からの影響はプロポリスの殺菌作用で守れば完璧です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加