プロポリスで口内炎・歯肉炎・歯周病の治療と予防に効果的

この記事の所要時間: 253

プロポリス

プロポリスの殺菌作用で、口内炎歯肉炎歯周病などのお口の中の病気にも治療予防効果があるので、お口の中のトラブルに悩んでいる方には簡単にできるお勧めの治療方法の1つです。

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

口内炎とは

20100527094644-155-48_thumbnail

口内炎は誰でもが一度は経験していると思いますが、口内炎とは口の周りに起こる炎症の事で、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称で、主な原因は口腔内の傷からの発症、栄養不足からの発症、歯磨き粉からの発症に分けられます。

主な症状としては下記に分けれれます
  • カタル性口内炎 軽症…粘膜が赤く腫れ熱く感じ、口腔内の所々に赤い斑点を発生する
  • 潰瘍性口内炎 重症…強い痛みを伴う口内炎で、会話や食事が苦痛になり、時として高熱を伴うのが特徴
  • 壊疽性口内炎 重症…口腔内の組織を腐敗させてしまう恐ろしい口内炎

歯肉炎とは

a0002_004131

歯肉炎とは歯肉のみに炎症(歯茎が腫れている状態)が起きているもので、歯周病の一歩手前の病気です。歯肉炎は乳歯や子供の時でも起こり、歯茎が赤くなったり、腫れたり、出血したりします。多くの場合は歯垢(プラーク)が原因です。歯垢(プラーク)の中には細菌がたくさんいて、その細菌が有害物質を出して歯肉炎が起こります。 また風邪をひいたり、疲れている時など体の抵抗力が下がった時により悪化しやすくなります。

歯周病とは

stage4

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌の感染によって引き起こされる炎症性の病気です。歯と歯ぐきの清掃が行き届かないと細菌や歯垢(プラーク)がたまってしまい、歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりしますが痛みはほとんどの場合ありません。進行すると歯垢(プラーク)の中の細菌によって炎症を起こし歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになり、歯を抜く羽目になってしまいます。歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着し、歯磨きでは取り除くことができなくなります。

なぜプロポリスが治療・予防に効果的なのか

プロポリスがなぜ、口内炎、歯周病、歯肉炎に良いかは、高い殺菌、抗菌作用がプロポリスにはあるからです、歯肉炎、歯周病の原因は主に、歯垢(プラーク)を原因に細菌が発生することです、このプロポリスの高い殺菌、抗菌作用によって細菌の増殖や殺菌して防ぐ効果があるのです。口内炎に関しては、殺菌、抗菌作用に加えて、消炎効果もあるので口内炎の治療に対しても効果的なのです。プロポリスならステロイド系の薬と比べると副作用が無いので安心して使うことができると思います。

使い方としては、液状のプロポリスなら水に薄めて口の中でうがいしても良いですし、スプレータイプなら直接口に吹きかけても使えます。また歯磨き粉にプロポリスが含まれた商品も出ているので、そちらでしたら普段の歯磨きに使えるのでお手軽かと思います。

まとめ

プロポリスの殺菌、抗菌作用の働きで気になるお口の中のケアもできるので、プロポリスは万能薬としても使えるので何かと便利な1品です。

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)