プロポリスとローヤルゼリーは併用できるの?どんな相乗効果があるの?

この記事の所要時間: 328

プロポリス

プロポリスローヤルゼリー、どちらもサプリメントとしてはメジャーですね。なんとなくカラダによさそうなイメージがありますが、詳しい性質や特徴をご存じでしょうか?じつはこの2つはどちらも「ハチ」がつくったもの。でも効能はそれぞれ違うのです。単独でとってもそれぞれ効能がありますが、二つを一緒に取ることで相乗効果も期待できるのです。

■ローヤルゼリーってどんなもの?

まず最初にローヤルゼリーについて説明します。

ローヤルゼリーは女王バチだけが食するもの。ローヤルゼリーを食している女王バチの寿命は働き蜂の3,4ヶ月の寿命に対し何と3年以上の生命力!驚きです。いわばハチの世界のセレブ栄養食品でしょうか。しかも産卵期は毎日2000個以上の産卵をおこないます。

ローヤルゼリーは働きバチが花の蜜や樹液などと自分の体液を混ぜてつくります。たんぱく質脂質炭水化物の3大栄養素はもちろん、ビタミンミネラルも豊富。女王バチのカラダの大きさ、寿命の長さや毎日大量の卵を産むパワーの源はここにあるのです。

人間が食べてももちろん多くの効能をもたらしてくれます。特にストレス下で消費されるパントテン酸というビタミン類が多いので、ストレス社会で生きる現代人にとってはうれしいところです。

ローヤルゼリーの成分と効果効能と副作用について

ローヤルゼリー

■プロポリスとはどんなもの?

一方プロポリスはハチが食べるものではなく、いわば防御シールドで、働きバチが樹液と唾液をまぜてつくった固形物です。これを巣の中に重ねることで外敵だけでなく細菌やウイルスからも守る、温度を安定させるなどの役割を果たしてくれます。先ほど述べた固形物がプロポリスの原塊です。この原塊は巣箱から年間100~300グラム程度しか採れない貴重なもので、この原塊をアルコール抽出したものが液体プロポリスです。プロポリスも採れる量が限られている為、値段も高いのです。逆に安価なプロポリスは何か訳があると思った方が良いかもしれません。

成分もロイヤルゼリーとは異なり、植物由来の成分、とくにフラボノイドを多く含んでいます。これは植物が自分のカラダを守るために作り出した物質で、抗酸化作用があるとされています。プロポリスは特にブラジル産のが良いと言われています。

プロポリスの栄養成分

■プロポリスとローヤルゼリーは同時摂取でどんな効果が?

ローヤルゼリーとプロポリス、どちらもハチがつくったものですが、2つの性質は違うものです。どちらも古代から人間に使われており、ローヤルゼリーは滋養強壮剤として、プロポリスは薬として使い分けていた地域もあるようです。

現在では両方ともサプリメントとして身近な存在になっていますね。「どちらもハチの作ったものだから、両方飲んだら過剰摂取にならないの?」と心配されるかもしれませんが、その心配はありません。むしろ相乗効果も期待できるのです。

ローヤルゼリーだけが持つ成分に「デセン酸」があり、その働きの1つに基礎代謝を上げる効果があります。基礎代謝が上がることで、プロポリスの成分が全身に行きわたりやすくなるでしょう。また、ローヤルゼリーが豊富にもつアミノ酸と、プロポリスのもつ抗酸化作用で美肌にいいほか、薄毛対策にもいいと言われています。というのはデセン酸は女性ホルモンに似た働きがあるからです。男性型脱毛症の場合、その最大の原因は男性ホルモンの過剰分泌です。デセン酸を摂取することでホルモンのバランスが保たれますし、ポロポリスには頭皮の血行をよくしたり、頭皮を清潔に保つ効果があります。比較的女性が摂取しされているイメージのあるローヤルゼリーですが男性にも嬉しい効果もあります。ローヤルゼリーとプロポリスの二つが薄毛にたいしてそれぞれ違うアプローチをするので相乗効果が期待できるのです。

まとめ

プロポリスとローヤルゼリーは蜂につくられた栄養価の高い物です。どちらも素晴らしい効果・効能が期待できますね。ただ2倍摂取したからといって2倍の恩恵がもたらされるわけではありません。併用する場合でも、それぞれの用量を守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加