火傷(やけど)にも効果があるプロポリス

この記事の所要時間: 35

yakedo

プロポリスには様々な効果がありますが、意外と知られていないのが火傷にも効果があるのです。プロポリスの抗炎症作用が火傷に有効的なのです。

火傷(やけど)

火傷とは医学的に”熱傷”といいます。要は熱によって皮膚や粘膜が損傷することです。皮膚の火傷ですと熱湯や蒸気、熱した油、アイロン、火など熱いものに皮膚が触れることにより皮膚が損傷される火傷は一度は経験したことはあるかと思います。粘膜の火傷は口の中と気道(空気の通り道)の火傷がほとんどです。

火傷は火傷の具合(深さ)によって3段階に分けられます。
  • I度

皮膚の表面までの損傷で、皮膚が赤くなり、ひりひりした痛みを伴います。通常3~4日程度で赤みが減少し、やけどの跡を残すことなく治ります。因みに日焼けも火傷にあたります。日焼けはI度の火傷になります。

  • II度

表皮(表側の皮膚)の下の皮膚まで達する熱傷で、水疱ができ強い痛みを伴います。Ⅱ度のやけどは治りが早い”浅いやけど” 治りが遅い”深いやけど”に分けられます。浅いやけどで1~2週間程度、深いやけどとなると1~2ヵ月が治療の目安になります。

  • III度

皮膚がすべて損傷された状態で、一見通常の皮膚と変わりなく見えることもあります。しかし、皮膚は硬く青白く、神経まで焼けてしまうため痛みも感じません。やけどが治ったあともケロイド状の傷跡が残ります。治療も2ヵ月以上かかります。

この様に火傷は三段階に分かれますが、火傷の深さは温度x時間で決まります。その為、ホッ

カイロ等の低温でも長時間皮膚に接していれば火傷を被います。また低温火傷の方が深くなる

こともあります。

火傷の処置

火傷の程度によって処置が変わってきますが、すぐに冷やすことが重要となってきます。衣類の上からでも構わないのでとにかく、お水や氷などで30分程度は冷やすことです。冷やす事によって火傷の深さの進行を抑えてくれます。また衣服の下をやけどした場合は無理に脱がさず、衣服の上からそのまま冷やすことが重要です。場合によっては皮膚が衣服に付いていることがある為です。II度以上の火傷は冷やした後に病院で受診してもらうのをお勧めします。

水ぶくれ

火傷が治る過程で水ぶくれができる事もありますが、水ぶくれは痛くなくても潰さない様にしてください。水ぶくれを破いてしまうと傷口からばい菌が入り、感染症の原因にもなりかねません。

軽度の火傷にプロポリス

軽度の火傷の場合にはプロポリスでも処置ができます。プロポリスの作用として抗炎症作用と抗酸化作用、鎮痛作用がある為、火傷にも効果的なのです。また2次感染予防にも向いています、火傷したところから菌などが入って感染症の原因ともなりますが、プロポリスには殺菌作用がある為、感染症の予防にもなります。

使い方として、まず火傷をしたら水や氷で30分ほど冷やす。その後、傷口にプロポリスを塗ります。範囲が広い場合はホホバオイルに混ぜで塗ってあげると良いでしょう。ホホバオイルも火傷に効果的です。日焼けしたときも、プロポリスとホホバオイルと混ぜて全身に塗ることも可能です。ただし重度の火傷は冷やしてから病院へ行くのをお勧めいたします。あくまでもプロポリスでの治療は軽度の火傷の時にお勧めします。

まとめ

軽度の火傷でしたらプロポリスでも十分治療ができますし、二次感染の予防にも繋がります。いざという時の為に家庭にプロポリスを置いておけば色々な事に役立ちます。

プロポリスの効果・効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)