抗生物質の副作用と耐性菌について

この記事の所要時間: 332

l_006

病院に行くと、何かと抗生物質を処方される時代ですが、抗生物質は使い過ぎると副作用スクや、更には抗生物質が効かない強い細菌(耐性菌)が発生してしまっているのが現状で、問題にもなりつつあります。

抗生物質とは

thumb_300_01_px300

抗生物質とは、1928年にアレクサンダー・フレミングによって発見されたペニシリン世界初の抗生物質です。基本的には微生物の産生物に由来する化学療法剤を抗生物質と言います。大きく分けると抗生物質の枠の中に、抗菌薬、抗ウイルス剤、抗がん剤等も含まれますが、抗生物質は抗菌薬を指していることが多いです。抗生物質(抗菌薬)は細菌に作用して、細菌を殺して感染を抑える薬ですが、ウイルスを殺す作用がない為、風邪ウイルスには直接、抗生物質(抗菌薬)は作用しないでが、医者に行ったら抗生物質が処方されることがありますが、それは、抵抗力が落ちた身体は細菌感染を起こす可能性が高いので処方されているのですが、とりあえず抗生物質を処方されているように患者側は思ってしまいます。ただ抗生物質は、体力が落ちている場合や免疫力がもともと弱い人(胃腸が弱い人など)や栄養状態が悪い人、コレステロール値が低い人は、抗生物質が効きにくい場合がありますので効きが悪いからと言って多く摂取したり、回数を増やすのは避けてください、副作用の原因になります。

  • ウィルス…自分で増殖することができず、生物に入り込んで増殖。大きさは細菌の数十~数百分の1の大きさで直細胞に入り込んで症状を起こします。
  • 細菌…自分の力で増殖でき、細胞から出来ています。

主な副作用

66611c91776c0343b7304363fa43e735-500x316

抗生物質には副作用が伴うリスクも高いです。医師から処方された、回数、量は守るのは当たり前ですが、回復が見込めて来たら摂取を控えるのも手かもしれません。

主な副作用のリスクとして
  • 下痢…腸内細菌のバランスが崩れる為、胃腸の弱い人はなりやすいです。
  • カンジダ…抗生物質で体内にいる常在菌を一緒に殺してしまうことで、その常在菌の働きで抑えていたカビが繁殖して引きおこる
  • 耳鳴り…耳鳴りは、キーンという高音だけでなく、ジー、ザー、シャーッといった比較的低音のものもありますので、その際は服用をやめてください。
  • 痙攣(けいれん)…全身性のけいれんや、手足など体の一部分のけいれんが起きる
  • 光毒性…日に当たるとやけどのようになる
  • 歯の着色…歯がグレーっぽい色になる
  • 横紋筋融解症…コレステロールの薬でも有名な副作用で筋肉の痛みなどを感じたりする。
  • アラフィラキシーショック…湿疹や皮膚が赤く腫れてきたり、気分が悪く息苦しく、極めて重篤な副作用の前兆。

耐菌性

056

耐菌性とは、抗生物質が効かない細菌で、多くの抗生物質が効かない細菌は多剤耐性菌と言われています。抗生物質の服用のしすぎや医師の指示に従わずとりあえず抗生物質を服用を続けていると、細菌がその抗生物質に耐性をつくってしまい全く効かなくなることをさします。医療現場では耐性菌の発生は深刻な問題になっています。

日本では病院でよく検出される耐性菌として有名なのはMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)があります。2010年にはインド、パキスタンで”スーパー細菌”と言われるNDM-1と言う耐性菌が発見され、現段階である抗生物質が全く効かない恐ろしい耐性菌が発生するようになりました。このNDM-1が一般市民の健康を脅かす危険の高い恐ろしい耐性菌です。

まとめ

抗生物質の服用もダメではないですが、副作用や耐性菌の発生のリスクを抑えるのに、マヌカハニーやプロポリスが良いとされています、特に胃腸系のピロリ菌や大腸に効果的に効果があります。またプロポリスは天然の抗生剤ととも言われていますので、効果も絶大です。とりあえず薬ではなく、マヌカハニーやプロポリスを摂取してみてください。体感しないとわからない効果です。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)