ビタミンB12の効果・効能

この記事の所要時間: 255

ビタミンb12

ビタミンB12はコバルトを含むことから、別名「コバラミン」、または「赤いビタミン」とも呼ばれます。
その名にふさわしく、貧血防止に深いかかわりを持つビタミンです。
ビタミンB12の効果・効能や働きについて見ていきましょう。

ビタミンB12のはたらき

ビタミンB12とは、水溶性のビタミンでアルカリ性や光に弱いですが熱には強いです。”赤いビタミン””造血のビタミン””コバラミン”等の別名を持っています。特徴として、血中で酸素を運ぶ役割を持つヘモグロビンを合成を助けるはたらきがあります。
貧血は鉄が不足してなる鉄欠乏症貧血が有名ですが、ビタミンB12や葉酸が不足してなる貧血を悪性貧血といいます。
ビタミンB12と葉酸は赤血球を生成するために欠かせない物質で、どちらかが不足すると細胞分裂がうまくいかず、赤血球になる前の段階で死んでしまいます。
すると赤血球の量が減り、貧血となるのです。因みにビタミンB12の不足はほとんどありません。何故なら体内では腸内細菌よって作られ、更に肝臓に数年分は蓄えられているからです。もし不足したら神経系の働きの悪化によって手足のしびれ、集中力低下、物忘れてなどを起こします。不足するとしたら基本的に動物性の食べ物からしか摂取出来ないため、ベジタリアンは不足気味の傾向にあります。
また、ビタミンB12には核酸の合成を助ける作用があります。
核酸には遺伝情報を持つDNAと、タンパク質を作り出すRNAによって成りますが、そのどちらにも関与しています。

ビタミンB12とアルツハイマー型認知症の関係

アルツハイマー病患者の血液中には、血漿ホモシステインという物質が高濃度で含まれているという研究結果があります。
ホモシステインとはアミノ酸の一種で、濃度が高くなると血管を傷つけ、血栓症や脳機能障害につながる恐れがあるとされる物質です。
ビタミンB12、ビタミンB6、葉酸の摂取で減少させることができ、これらが不足して増えすぎると血管内で活性酸素を生み、動脈硬化のリスクを上げるといわれています。
また、ビタミンB12には核酸やアミノ酸タンパク質の合成を補助する役割があることから、神経細胞を正常にはたらかせる作用があります。
神経細胞が正常であれば、神経を通じての脳からの指令が正しく伝わることにつながり、集中力や記憶力の低下を防ぐことになります。
このことからも、ビタミンB12を摂取することによって、アルツハイマー型認知症の発症を予防する効果があると考えられます。

効果

ビタミンB12と睡眠

ビタミンB群には神経機能に有用な特徴を持つ成分が多いのですが、特にビタミンB12には自律神経の乱れを整える作用があります。
自律神経が乱れると、集中力がなくなったり、ふさぎがちになったりすることがあり、また末梢神経に影響し、手足のしびれなどが現れたりします。
さらに、ビタミンB12には睡眠と覚醒のリズムを整える作用があることもわかってきました。
ただし、大量に摂ることで得られる効果ですので、自己判断で用いず、医師に相談する方が良いでしょう。

まとめ

ビタミンB12には、主にヘモグロビンの合成と神経細胞を正常に保つ作用があることがわかっています。
葉酸と共に作用することで有用性を発揮することの多い物質ですので、ビタミンB12単独よりも、他のビタミンB群との同時摂取が効果的です。サプリメント等からの摂取が効率よく摂取が出来るかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加