ビタミンQのサプリメント効果(コエンザイムQ10)

この記事の所要時間: 332

効果

ビタミンQってご存知でしょうか?ビタミンとついてますが実はビタミンではありません。別名でコエンザイムQ10ともも呼ばれているサプリメントでもお馴染みの成分となります。今回は、このビタミンQの効果について簡単にまとめてみました。

ビタミンQ

ビタミンQとは、脂溶性のビタミン様作用物質となり、本来のビタミンの定義(微量の栄養素で生体内で生合成されない)には当てはまりませんが、ビタミンと同じような働きをしています。

別名もたくさんあり、コエンザイムQ10をはじめ、ユビキノン、補酵素Q、CoQ10(コーキューテン)とも呼ばれています。特徴として強い抗酸化力を持ち、細胞膜を保護する作用があります。ビタミンQは、食べ物からエネルギーを作り出すときに必要な栄養素で、ビタミンB群と同じような働きをしてしています。

ビタミンQは、動物や植物などの生物にとって必要不可欠な物質です。 ビタミンQは、人間の体内の全ての細胞に存在しています。しかし、その量は、組織により異なり、心臓には特に多量のビタミンQが含まれているそうです。その為に、心臓でビタミンQの量が減少した時には、影響が出やすいといわれています。 また、その他の器官でもビタミンQの欠乏の影響があると考えられています。

naturheilkunde-1738223_960_720

ビタミンQの含有量が多い食品

ビタミンQは、主に、肉や魚といった動物性食品に多く含まれています。特に多く含まれるのは、イワシで、100g中6.4mgのビタミンQが含まれています。1日あたりの摂取量の目安は、100mg~300mg程度とされていますが、食品からだけの摂取では、大変そうですのでビタミンQの場合は、サプリメントをオススメいたします。その場合は、コエンザイムQ10の名称での方が探しやすいと思われます。

[魚類]…イワシ、サバ、サケ、マグロ、カツオ、うなぎ

[肉類]…豚肉、牛肉、鶏肉、レバー

[豆類]…大豆、枝豆、落花生

[野菜類]…ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、アボカド

[オイル類]…キャノーラ油、大豆油

※詳細はこちらです。~コエンザイムQ10を多く含む食品と摂取量~

ビタミンQの効果

ビタミンQは、体の細胞のエネルギー生産を補助する補酵素の役割をしています。体のエネルギーは、各細胞内で酸素が食物から摂取した栄養素を燃焼させることで生成されます。ビタミンQは、この栄養素を燃焼させる仕組みを、スムーズに回転させるために必要不可欠な補酵素となります。また、活性酸素が増えすぎると酸化を防ぐ働きを持っています。これを抗酸化作用といいます。活性酸素は、通常は外部から侵入してくる細菌などから体を守っていますが、量が増えすぎると健康な細胞までも攻撃して酸化させてしまい体にとって害となってしまいます。酸化は、老化の原因となります。ビタミンQは、これらの増えすぎた活性酸素を分解して酸化を防ぎます。

●心臓病の予防・改善

●ガン予防

●免疫力アップの効果

●美肌効果

~コエンザイムQ10美肌への効果~

~コエンザイムQ10:肌・皮膚への吸収について~

●抜け毛・白髪の改善

●ダイエットの効果:血流改善→新陳代謝アップ→体脂肪燃焼

●疲労回復効果

●骨粗しょう症の予防

●関節痛の改善

●更年期障害に関わる症状の予防・改善

~コエンザイムQ10サプリメント:更年期障害の女性に効果あり?~

●冷え性・低血圧の改善

●むくみ解消の効果

●歯周病の予防

※詳細はこちらです。 ~コエンザイムQ10の効果・効能~

gahag-0030341683-1

まとめ

ビタミンQとコエンザイムQ10は、呼び方は、違いますが同じものを指しています。一般的には、コエンザイムQ10と呼ぶ場合が多いと思われます。動植物などもそうですが別名があるものが本当に多いですね!サプリメントを選ぶ場合も成分の別名などを覚えておくとよいかもしれません。コエンザイムQ10(ビタミンQ)のサプリメントには、還元型と酸化型の2種類があるようですのでご注意くださいませ。

~コエンザイムQ10:還元型と酸化型の違い~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加