トンカットアリ:男女の更年期障害への効果

この記事の所要時間: 316

トンカットアリ

トンカットアリには、男性ホルモンと女性ホルモンの分泌を促す効果があります。その働きは、性と性の両方の更年期障害の改善に効果があるそうです

更年期障害への効果

男性も女性も年齢と共にホルモンの分泌量が徐々に減少していきます。それに伴い個人差はあるものの、ほてりやのぼせ、倦怠感、不安感などのいわゆる更年期障害という症状が出てきます。トンカットアリには、この更年期障害を改善する効果があるといわれています。更年期

男性の場合

トンカットアリといえば、やはり男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌を促す効果が一番の特徴だと思われます。男性の更年期障害というのは、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が低下する事により起きてくる症状です。20代を境に年齢を重ねるにつれ、徐々に落ち込んでいくといわれます。また、男性の更年期障害は、アンドロポーズとも言われるそうです。疲労感、頭痛、めまい、筋力が低下、うつ病気味、精力減退、性的不能障害など症状は、さまざまです。更年期を感じる年齢は40代~50代前半にかけてが多いそうです。女性の場合の更年期障害は、時間の経過と共に多くは回復するといわれますが、男性更年期障害は、待っていても回復することはないといわれています。トンカットアリには、そんな男性にとっての重要な役割をしている男性ホルモンのテストステロンの量を増加させる効果があるのです。テストステロンが増加する事により次のような効果に期待がもてます。

男性ホルモンの分泌が促されるために精力が増大します。勃起力が高くなり、性欲が湧いてきます。マウスを用いた研究ではぺニスの硬直力が向上し、性的意欲が高まったそうです。低下した生殖機能を高める効果もあります。不妊の原因の一つに男性側の精子数の減少があります。しかし、トンカットアリには、精子数を増加させる働きがあるのです。また、精子の運動を活性化させる働きもあります。それが小精子症や無精子症が原因となる不妊の改善に大いに役立つと言われています。

更年期

女性の場合

女性の更年期障害は、いわずとも知れた女性ホルモンであるエストロゲンの低下が原因となり起きますが、トンカットアリには、なんとそのエストロゲンの分泌を促す効果もあるのです。トンカットアリの効果の一つである血液の循環を向上させる働きは、冷え性の改善にも役立ちます。血行が良くなることにより、体内の余分な水分を排出する働きが活性化されますので、むくみの解消にも繋がり冷え性を改善します。トンカットアリに含まれているアルギニンにはホルモンのバランスを調整して乱れた自律神経を正常な働きに戻す効果があります。

副作用について

重大な副作用の報告は、まだされていません。ただし、一度に多量に摂取した場合には、胃痛、吐き気、下痢などのような症状が起きるという報告もありますのでご注意ください。一日の適正量は、きちんと守り体調に異変を感じた場合には、直ちに摂取を中止してください。また、持病をお持ちの方や妊娠中の方は、必ず自己判断はせずに医師にご相談のうえでお願いいたします。

一日の摂取目安量は、80mgだそうです。1200mg以上の過剰摂取で肝機能障害が出たという事例が報告されているとのことです。

更年期

まとめ

トンカットアリの効果は、男性だけではなく女性にもあるのですね。どうしても強壮系サプリというと男性のイメージになってしまいますが、今まで見てきたマカ冬虫夏草なども男女ともに期待が持てそうな効果がいっぱいありました。アラフォー世代になるとグンと増えてくる更年期に伴う体の不調も自分に合うサプリメントなどがあれば楽しく快適に過ごせるかもしれませんね!

関連記事~マカ男性に嬉しい効果~  ~マカ女性にも嬉しい効果~

~冬虫夏草の男性に嬉しい効果~

 ~クランベリーサプリメント:更年期障害に効果あり!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加