病気が原因の体臭

この記事の所要時間: 259

シャンピニオン

「あの人が臭いよね」と、臭いに関して話題にしたことのある人は多いでしょう。

単に「汗臭い」のであれば、お風呂に入っていないなどの生活習慣の乱れや食生活の乱れが

であることがほとんどです。けれども、それでも体臭が消えないようであれば、それは病気

を知らせるサインかもしれません。

■なぜ病気になると体臭がするの?

なぜ何らかの病気になるとクセのある体臭が強く臭うようになるのでしょうか。あなたの体臭

は大丈夫ですか?

日々カラダのなかではさまざまな化学反応が起こり、さまざまな物質が生成されています。

けれども、病気になるとカラダの機能が正常に働かず、いままでと違う反応が起こったり、違

う物質が生まれたりするのです。

それらが血液とともに全身をめぐり、汗や吐く息、尿などに交じって放出される際に不快な臭

いを伴うのです。

ですから体臭は健康を図るバロメーターともいえるでしょう。

日本でも明治時代まで嗅診(きゅうしん)といって、臭いで病気を診断する方法がとられてい

たようです。

■病気によってこんな臭いが!

どんな病気にかかっているかで体臭にも違いがあります。

代表的なものをご紹介します。

・糖尿病

自分のカラダからココナッツのようなバナナのような甘い体臭がしたら、それは糖尿病かもしれません。
糖尿病にかかると、代謝機能がうまく働かずに体内の脂肪が脂肪酸に変化します。
この時、ケトン体が生成され、ケトン体が発する甘い臭いをケトン臭といいます。

・魚臭症(トリメチルアミン尿症)

魚臭症の場合、自分が魚腐く感じます。
魚臭症は別名「トリメチルアミン尿症」とも言われており、一種の代謝異常です。
食べ物が分解される過程で「トリメチルアミン」という物質が発生します。
これが魚のような臭いを発しているのです。
カラダが健康であれば、トリメチルアミンは肝臓で分解されます。
ところが先天的にトリメチルアミンを無臭化する酵素が欠如していたり、肝機能が低下していたりすると、うまく分解されずにカラダに残ってしまうのです。
そして血液に取り込まれてカラダ全体を回って、魚臭い体臭の原因となるのです。

・腎臓が悪いとアンモニア臭がする?

腎臓に異常がある場合は、体臭がアンモニア臭くなる場合が多いとされています。
本来腎臓は血液中の老廃物や毒素をカラダから追い出す役目を持っています。
けれども腎臓の機能が低下すると、本来排出されるべきものがカラダの中に溜め込まれてしまい、アンモニア臭い体臭となるのです。

・肝機能障害でカビのような体臭が出る

アルコールを分解することだけが注目されがちですが、肝臓は解毒作用など500もの機能を持っています。
もし肝臓の機能が低下してしまうと、体内で発生した有害な物質が分解されず、悪臭を放つ成分がそのまま体臭と出てしまうのです。
溝やカビ臭いのが特徴です。
悪化するとアンモニア臭がすることも。

まとめ

もし病気が原因の体臭なら、その病気を治療することでしか体臭は改善されません。自分の体

臭には自分では中々気づきにくいかもしれまん、ご家族やご友人に指摘されたら病院を早めに

受診しましょう。全てが病気が原因とは言えません、病気でなければ日常生活の見直しや消臭

サプリメント等で体質改善をすれば臭いもしなくなる事でしょう。臭いのエチケットあなたは

大丈夫ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加