ビタミンEを効率的にとる食べ物とレシピのご紹介

この記事の所要時間: 257

ビタミンという言葉はよく耳にしますが、どのような成分をビタミンと呼ぶのかご存知ですか?ビタミンとは体内で合成されることがほとんどないため食物から摂取される有機化合物であり、身体機能を正常に保つ作用があります。ビタミンには水に溶ける性質を持つ水溶性のものと油に溶ける性質を持つ脂溶性のものがあり、ビタミンE脂溶性ビタミンに分類されます。

ビタミンEその高い抗酸化作用から活性酸素の除去や動脈硬化の防止、老化を防ぐなどの効果があると言われており「若返りのビタミン」とも呼ばれています。普段口にする食べ物ビタミンEを取り入れておけば、若返ることも可能かもしれません。

そんな若返りに効果的なビタミンEを効果的に摂取できる食べ物レシピについてご紹介いたします。

ビタミンEを豊富に含む食べ物

すじこ(いくら)

089746b73977be3a8f19c9583eb43433_s

鮭から撮れる魚卵であり、100gあたり10.6mgのビタミンEが含まれています。栄養価も高く健康にいい食べ物です。ただし保存や味付けのため塩漬けされて販売されることが多いので、塩分を気にされている方は食べすぎないよう気を付けましょう。

かぼちゃ

d5b485f0c496fd172531e4db4b585c38_s

100gあたり6.3mgのビタミンEを含んでいます。ビタミンAや食物繊維などの有効成分も含まれており、疲れ目や夜盲症を改善させ、血圧の上昇を防ぐ効果もあります。また調理は基本茹でるだけですので非常に料理しやすい健康食品です。

アーモンド

3aa39e91537f920c8957226e4fb84995_s

100gあたりに31mgものビタミンEが含まれており、抜群に含有率が高い食べ物です。また他に健康に資する成分として一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含んでいます。オレイン酸は善玉コレステロールを下げることなく血中のコレステロール値を改善させる良質な脂質です。ただし、ナッツ類は大きさの割に高カロリーであり、アーモンドも一粒で約6キロカロリーありますので食べすぎにはご注意ください。

おすすめレシピ一覧

すじことモロヘイヤのパスタ

モロヘイヤも6.6㎎ものビタミンEを含む健康食品です。日本人の食卓に身近なほうれん草と同じ感覚で調理できます。

沸騰したお湯にモロヘイヤを入れて1~2分軽くゆでます。ざるにあげて水気を切り、鰹節と醤油を和えたものを混ぜていきます。ここで粘り気が出るまで混ぜるのがポイントです。

そして鍋にさっと茹でたパスタとモロヘイヤを混ぜ合わせて、上にすじこを盛りつければ完成です。

食べてみた感想としては、すじこの塩気がうまくモロヘイヤとパスタの旨みを引き立てており、三者三様の食感が口の中で踊っている感じでいかにも健康に良さそうな味です。美味し。

かぼちゃの豆乳煮

一口大に切ったかぼちゃを落とし蓋しながら豆乳で弱火にかけて煮込みます。菜箸が刺さる程度まで煮込めば出来上がります。煮込む最中に砂糖を入れても美味しくなります。

アーモンドミルク

作ってみて個人的に一番美味しかったのは、アーモンドミルクです。アーモンドを水に浸してミネラルウォーターと一緒にミキサーで混ぜれば出来上がりです。お好みでハチミツや塩を入れても構いません。一口飲めば自然な甘みが広がる爽やかな飲み物です。アメリカではコーヒーに入れて楽しむ方が多く、人気が出ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)