日和見菌の種類

この記事の所要時間: 229

腸

人間の腸内には、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3つわけられて菌が生息しています。その数は300種類~約3万種類の1000兆個が生息し1.5kg-2kgの重量の細菌が住んでいると言われてます。日和見菌について纏めてみました。

日和見菌

日和見菌(ひよりみきん)とは、聞きなれない言葉ですが、”日和見”の意味自体が、”有利なほうにつこうと、形勢をうかがうこと。”を意味しています。日和見菌は、善玉菌、悪玉菌の様子をみて有利な方に協力する菌で、普段は善玉菌でもなく悪玉菌でわありませんが、善玉菌が強いときには善玉菌、悪玉菌が強いときは悪玉菌になってしまいますので、腸内環境にとっては重要な菌のグループでもあります。割合としても善玉菌:悪玉菌:日和見菌は 2:1:7の割合ですので半数以上を占めているので日和見菌を悪玉菌側にならない様に善玉菌を活性化させるようにしなければなりませんが、加齢と共に腸内の悪玉菌の割合が増加していきます。成人男性では10〜20%台の占有率でビフィズス菌が腸内に存在していますが、高齢になると、ほとんどの場合ビフィズス菌は減少し、若年ではまず検出されなかったウエルシュ菌などの悪玉菌が増加傾向にあります。

日和見菌の種類

実際には実際に日和見菌がどんなはたらきをしているかはまだ解明されていませんが、日和見菌は病気、ストレス、老化等で免疫力が落ちている人にとっては危険な菌ですので注意が必要です。 代表的な日和見菌になります。

バクテロイデス

日和見菌の代表とも言われている、バクテロイデスは腸内に多く存在しています。普段は、無害でビタミンの合成、体内に侵入してくる病原菌を防いだりと予防してくれている菌ですが、悪玉菌側に付いてしまうと、大腸菌と同じ働きをし始めます。

ユウバクテリウム

ユウバクテリウム菌は、バクテロイデスと同様に日和見菌の代表的な菌のひとつで、人間の成長と共に腸内で増殖をはじめ、大人の腸内細菌叢を形成します。

嫌気性連鎖球菌

腸内以外にも、口の中に存在している日和見菌です。連鎖上に配列された菌の総称で健康で、免疫力が落ちていなければ無害な菌ですが、体調や、免疫力が落ちている時は悪玉菌について化膿連鎖球菌等の病原菌になります。

大腸菌(無毒株)

病原菌で有名な大腸菌ですが、無毒株の大腸菌は害のない細菌ですが、悪玉菌側に付いてしまうと、他の悪玉菌と腸内の食べかすを腐敗させて腸内に悪影響を与え、腹痛や嘔吐、オナラや体臭が臭ったりという症状が出始めます。

まとめ

日和見菌を増やすには善玉菌が必要となりますが、善玉菌は加齢や抗生部室の使用とともに減少傾向にあります、それをカバーするにはやはり、ヨーグルトやサプリメント等で腸内に善玉菌を送り込む必要があります。悪玉菌より善玉菌が多い腸内環境を作るように心がけて腸内環境を整える意識が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)