善玉菌と悪玉菌の種類

この記事の所要時間: 449

腸

人間の腸内には、善玉菌悪玉菌と日和見菌の3つわけられて菌が生息しています。その数は

300種類~約3万種類の1000兆個が生息し1.5kg-2kgの重量の細菌が住んでいると言われてい

ます。

善玉菌と悪玉菌

善玉菌とは、名前から身体に良さそうな菌と想像がつくかと思います。腸内にはさまざまな菌

が存在しており、300種類~約3万種類の1000兆個が生息し1.5kg-2kgになると言われてお

り、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と分けられ、その中の善玉菌は人間の身体の健康維持に関係す

る腸内にいる菌の事を指します。またその逆の身体に害を与えると言われている悪玉菌。善玉

菌、悪玉菌のその時の腸内環境(優位に立っている菌の味方につく)によって働きが変わる日

和見菌と大きく3つに分けられます。この3つの善玉菌・悪玉菌・日和見菌は20:10:70の割

合になります。整腸作用として一番いいバランスは善玉菌が30%、悪玉菌が10%、日和見菌が

50~60%という割合と言われています。

善玉菌の種類

善玉菌の種類は、現在までにおよそ500種類が確認されていますがその代表的一部をになります。

  • 乳酸菌

乳酸菌は、善玉菌全体の0.1%以下しか存在しませんが重要な役割を果たしています。乳酸菌は乳酸のみをつくり悪玉菌の増殖抑制に役立つので、腸内環境を整えるのに重要です。乳酸菌の凄いところは食べ物などから摂取しても、胃酸や胆汁酸で死滅しない強い菌があるということです。

  • ビフィズス菌

ビフィズス菌は善玉菌の代表選手であり、整腸作用や免疫力アップに深く関係しています。ビフィズス菌の中にも種類が約30種で、そのうち人の腸内にすみつくものは10種ほどです。ビフィズス菌は酸素があると生きられないため、人や動物の腸内にいます。ビタミンB群や乳酸、酢酸などをつくり悪玉菌の増殖を抑えて、腸内環境を良い状態にたもちます。さらに腸内の免疫細胞を活性化させて、免疫力アップにつなげます。しかしビフィズス菌は加齢とともに減少してしまいます。

ビフィズス菌は口から摂取した場合、種類によってはそのほとんどが胃酸などで死滅してしまい、生きたまま腸まで届きません。しかし味噌や漬物などに含まれる植物性乳酸菌は力強く、生きたまま大腸まで届きます。

  • 納豆菌

納豆菌は糖質やタンパク質を分解して消化を助け、腐敗便をなくします。腸内細菌が産生する酸の刺激は、腸の蠕動運動を活発にして、消火活動を促進させてくれるのです。腸内において有益とされる乳酸菌やビフィズス菌を増やす必要があり、納豆菌は乳酸菌やビフィズス菌を増やすことに役立ちます。

  • 酵母菌

酵母菌は発酵する時に、脂質・糖分・カロリーを分解しアミノ酸やクエン酸、有機酸やアルコール、炭酸ガスなど、人間に有益な成分を生成します。他にも腸内において善玉菌を活性化させる作用や、老化の原因となる活性酸素を抑える作用が認められています。

  • 麹菌

麹菌は、菌の体内で作ったタンパク質を、菌の体外へと分泌・産生する機能に優れています。

悪玉菌の種類

悪玉菌は腸内の環境を悪化させ病気や老化を引き起こす原因と言われています。悪玉菌の一部になります。

  • 大腸菌

大腸菌は哺乳類に生息する菌で増えすぎない限りは害がありません。加齢や偏った食生活の影響を受け腸内で増殖します。増えすぎると、腸内の腐敗を進め下痢や便秘をおこしたり、免疫力を弱めたりします。大腸菌にも種類があり種類によって引き起こされる症状が異なります。

  • ウエルシュ菌

ウェルシュ菌は、哺乳類の腸内や自然界の土壌、水中などに生息しています。耐熱性が特徴で、高温の環境でも死滅しないのが特徴です。酸素を嫌う為、食品の中心部といった無酸素状態の場所で増殖する特徴もあります。ウェルシュ菌が生息する腸は悪玉菌優勢の環境下になります。ウェルシュ菌が身体へ侵入すると、腸内の肉や魚のタンパク質を餌に急速に増殖し、毒素を放出します。潜伏期間は約6時間から18時間で、12時間以内に下痢や腹痛といった症状に見舞われます。下痢や便秘のほか、発がん性物質を作り出し、がんを引き起こすこともあります。

  • ピロリ菌

ピロリ菌は哺乳類の胃の粘膜に生息しています。胃の中では菌が生息できないと言われていましたが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を出してアンモニアを作り、自らの周囲をアルカリ性にすることによって胃の中で生息する事が可能なのです。一度ピロリ菌に感染するとピロリ菌は胃の粘膜上で増殖し続け、胃を中心とした胃潰瘍や胃癌の原因となります。

  • 腸球菌

腸球菌は、人間や動物などの哺乳類の腸内に存在しています。外界で増殖しにくく、人畜の糞尿で汚染されていない限り、環境中の水や土壌にはほとんど分布していません。腸球菌属は健常者の回腸や口腔、外陰部などからしばしば分離される常在性のグラム陽性球菌であり、病原性が非常に弱い点が特徴です。通常の健康体ではこの腸球菌が感染症を引き起こす原因となることはないが、何らかの病気にかかって免疫力が低下している状態では、心内膜炎や敗血症、尿路感染症などを引き起こす可能性があります。

  • 連鎖球菌

連鎖球菌とは、レンサ球菌属に属するグラム陽性球菌である真正細菌の総称で、一つ一つの球菌が規則的に、直鎖状に配列して増殖し、連なった鎖のように見えるため、もう一つのグラム陽性球菌のグループであるブドウ球菌との対比から連鎖球菌と名付けられました。潜伏期間は2-4日で症状は咽頭や頭痛・倦怠感・発熱などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)