筋肉疲労の原因と回復方法

この記事の所要時間: 320

IMGtheThinker

筋肉疲労は筋肉痛と違いますが、両者とも主に運動などを原因で筋肉疲労、筋肉痛になりま

す。そんな筋肉疲労は腰痛などの原因ともなりますので、早目の疲労回復が必要となるので筋

肉疲労の素早い回復方法について纏めてみました。

筋肉疲労

筋肉疲労は、肉体的疲労と精神的疲労と分けることができます。

肉体的疲労

肉体的疲労は、主にスポーツ等をしたら引きおこると思う方も多いでしょうが、日常生活にも

たくさん原因があります。長時間の立ち仕事、デスクワーク、車の運転、子育て、家事等で同

じ動作や同じ姿勢を長く続けたり長時間身体を使うことによって筋肉が疲労をしてしまい筋肉

疲労となります。この疲労の原因はひと昔前までは、乳酸が原因とされていましたが、乳酸は

疲労物質でなく逆に神経細胞が急激な活動などにおいて緊急にエネルギーを要するときには、

ブドウ糖だけでは間に合わないために、乳酸が使われます。乳酸が原因ではないのですが、長

時間身体を使うことにより、筋肉(骨格筋)が硬くなってうまく伸び縮みができなくなった

り、激しい運動をしたときに筋繊維が破壊されてしまった事によって筋肉疲労となります。

精神的疲労

精神的疲労からも筋肉疲労の原因にもなります。仕事の悩み、職場、友人、家庭などの人間関

係の悩みなどのストレスや不満や不安、失望、怒り、イライラなどを感じると、自律神経が乱

れ血液循環が悪化し、倦怠感や無気力・胃腸の調子が悪くなり首・肩・肩甲骨の内側や背中な

どに強い疲労感をどっと感じるようになります。

共に筋肉疲労が蓄積していくと慢性疲労となり、コリ・張り等が出てきて腰痛等の原因にもな

ります。また加齢とともに疲労回復が遅くなり知らず知らずに疲労が蓄積されていることもあ

るので気を付けてください。

疲労の回復方法

疲労回復には様々な方法があります。激しい痛みなどを伴う筋肉疲労には消炎鎮痛薬等の湿布

が必要となりますが、肉体的疲労感であれば、栄養素を補給するだけで身体の反応が変わって

きますし、十分な休息や睡眠をとる事でも回復に繋がります。

クエン酸で疲労回復

疲労回復にはクエン酸が良いと言われています。クエン酸はATPサイクル(クエン酸回路)の活性化に必要なためです。疲労でダメージを受けた細胞を修復するためにATPと言うエネルギーが必要となり、その為にはクエン酸が必要となるため、疲労がたまっているときは積極的に摂りたい栄養素です。

ビタミンB群で疲労回復

疲労回復の栄養素でビタミンB群は有名ですが、どちらかと言うとビタミンB群が足りていない人に効果的です。ビタミンB群はホルモン生産、血流・貧血改善、ストレス抵抗性を上げたり、中枢機能を補助したり、他の栄養素の吸収補助するけっか疲労回復に繋がります。その為欠乏しない様に普段から摂取したいビタミンです。

軽い運動やストレッチ・マッサージ

ストレッチやマッサージも筋肉疲労には効果的です。長時間同じ姿勢やデスクワーク等は特定の部位が常に圧迫されている状態になるため、血行不良、コリ、張りが生じる原因になるため、じっとしているより軽い運動での血行促進をさせた方が効果的です。デスクワークで首から背中へかけては筋肉が固まりやすいのでストレッチやマッサージすると良いでしょう、立ちっぱなしの人は足のストレッチやマッサージをすると良いでしょう。また運動等する事によっても精神的疲れを取り除くことが出来ます。

まとめ

筋肉疲労は運動をしなくても、日常生活からも影響をうけるので、ビタミンB群が欠乏しない

様にとか、同じ姿勢が長時間続くときは小まめに身体を動かしほぐす様にするのが良いでしょ

う。疲労が溜まってくると腰痛などの原因にもなりますので疲れを溜めない体づくりをしまし

ょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)