冷え性の原因と改善方法

この記事の所要時間: 354

E1411016188082_1

冷え性は、寒い季節とか関係なくでる症状です。特に女性の方に多い悩みかと思います。ほっ

たらかしにするのではなく、冷え性の原因を突き止め、改善することが重要です。冷え性の改

善にローヤルゼリーも一つの方法です。

冷え性

冷え性とは、体温調節機能の低下によって、冷えているような感覚が慢性的にある状態で、暖

かい部屋に居ても、なかなか暖まらなく、特に手足などにみなれます。手足は冷たく感じるの

を末端冷え性とも言い女性に多く見られます。末端冷え性に関しては10~30代の若い女性に多

いのが特徴です。また、手先や足先だけが冷えるので、体全体はポカポカしている場合もあり

ます。冷え性は寒い時期と関わらず暖かい季節でも冷えを感じることがあるので年中、冷え性

に悩まされている人もいます。

低体温は冷え性との違いは身体の中枢が冷えてしまうこです。

冷え性は昔から”冷えは万病の元”と言われており、冷え性をそのままにしておくと、将来的に

様々な病気の原因に発展します。

冷え性と関係がある病気
  • むくみ
  • 貧血
  • 肩こり
  • 自律神経失調症
  • 肌荒れ
  • 腰痛

これら病気すべてが冷え性が原因とは言い切れませんが、冷え性が関係しておこりうる病気の1つでもあります。

原因

冷え性の原因は様々で、本来はたらくべき体温調節機能がうまく機能していないからです。

  • 自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。夏場の冷え性は自律神経の乱れが大きく関係しています。夏場は室内でエアコンを付けている為、室外との温度差がある為、自律神経が乱れやすくなります。

  • 皮膚感覚の乱れ

きつめの靴や靴下、下着をなどで体を締めつけたりすると血行が悪くなると手足の先まで血液の循環もわるくなりますし、本来感じる暑い・寒いといった皮膚感覚が麻痺してしまうことで冷え性の原因になります。

  • 血液循環の悪化

血液がドロドロ、ネバネバの状態になって、血液による栄養の補給や、老廃物の排出が滞っている状態で、手足の末端の細い血管に血が流れにくくなり冷え性となります。

  • 筋量が少ない

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くさせます。女性に冷え性が多い原因されるのは、男性に比べて筋量が少ない事でもあります。筋量を増やして基礎代謝を上げて発熱量をふやすと良いでしょう。

  • 女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの分泌が乱れてしまうと、血行が悪くなり冷え性に繋がります。

  • 水分過多

冷たい飲み物の取りすぎ、水分代謝の異常や、胃腸機能の低下によるもので、水分過多によって冷え性へと繋がります。

  • 喫煙

タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くしてしまい、冷え性に繋がります。

  • 便秘

便秘になってしまうのは腸の運動が弱まっているためで、そのため基礎代謝がさがり発熱量がさがり冷え性に繋がります。

  • ストレス

ストレスは血行不良の原因ともわかってきました。血行不良を起こして冷え性に繋がります。

冷え性の方は、上記原因が幾つか当てはまっているかと、病気とは違うためピンポイントでこれが原因と言い切れないのもある為、思い当たる原因から改善していくしかないかと思います。

冷え性の改善方法

冷え性の原因は幾つかある為、様々な改善方法があります。

  • 食事

食事から血液をサラサラにしてくれる食べ物や身体を温めてくれる食べ物がいくつかあります。

ニンジン、ごぼう、レンコン、にら、かぼちゃ、ネギ、桃、サクランボ、あんず、エビ、なまこ、アナゴ、山芋、こんにゃく、しょうが、とうがらし、にんにく、山椒、胡椒、みそ、しょうゆ

  • お風呂に入る

冷え性の改善、予防には湯船につかることです、どちらかと言うとシャワーだけで済ませている人も多い時代です。湯船に浸かることによって収縮した毛細血管を広げ、血行を良くし、冷え性改善の手助けをしてくれます。他にも疲労回復にも効果があります。

  • 運動をする

適度な運動も重要です。ジムとかでトレーニングするのも良いですが、身近なところでウォーキングでも十分です、ウォーキングする事により、代謝がたかまりますし、収縮した毛細血管を広げ、血行を良くし、冷え性改善の手助けをしてくれます。身体に大きな負担をかけない為安心して行えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)