熱中症の原因・症状と対策・処置

この記事の所要時間: 325

熱中症

近年の夏は、猛暑日が続く日とかもあり、熱中症になりやすいです。熱中症は症状を理解して

いないと発症しているか気づかなく、そのままにしていると命に関わる可能性もあるので、熱

中症の症状を理解して早目の対策処置を行ってください。

熱中症

熱中症とは、気温の高くなる夏場に起きやすく、めまいや頭痛、意識障害などの症状が起こる

ことで、熱中症で怖いのは症状理解していないと気付かづそのままでいると命に関わる可能性

があるので注意が必要です。そもそも人間の身体は普段、体温調整をしているのですが、気温

の高い環境下に長時間いると、体温調整の機能が乱れてしまい、体内の熱が効率よく排出でき

ず体内に熱がこもったり、大量の汗をかくことによって、体内の水分と塩分が奪われてしま

い、血液量も少なくなり、熱を体の外へ効率よく放出することができず熱中症になってしまい

ます。目安としては体温が40.5度を超えてしまうと、体温調整に障害がおきると言われていま

す。

最近の夏場は猛暑日が続くこともあり、熱中症患者が増加している傾向でもあります。

原因

熱中症の原因は3つの要因があります。

  • 環境要因

高温、多湿、強い日差し、風が無い

  • 身体的要因

体力のない乳幼児や高齢者、糖尿病・心臓病などの持病、肥満、下痢等で体調不良で脱水状態、食生活の偏り、睡眠不足、二日酔い、運動不足、体調が悪い

  • 行動的要因

激しいスポーツ、炎天下や倉庫(空調の無い)等での長時間作業

これら要因が重なることも多々ありますのでそういった時は特に注意してください。

★症状

熱中症は種類分けができ、種類ごとによって症状が異なります。

熱失神
  • 目まいや顔のほてり
  • 一時的失神
  • 顔色が悪い
熱痙攣
  • 筋肉痛
  • 手足のけいれん
熱疲労
  • 吐き気や怠さ
  • 反応が鈍い
  • 頭痛
熱射病
  • 体温が高温
  • 意識障害
  • 反応が鈍い
  • ふらつき

処置

熱中症の症状や疑いを感じたら、涼しいところで安静に過ごし、水分補給(スポーツドリンク

や塩分が入った物がお勧め)をするようにしてください。とにかく体を冷して熱を下げるのが

大事です。冷やす場合は、首筋やわきの下、足の付け根、足首など動脈が通っている部分を冷

やすのが効果的です。

特に激しい頭痛や吐き気、40度近い高熱など症状が重い場合は医療機関へ行くのをお勧めしま

す。

対策

熱中症にならない様に日頃から注意、対策が必要となります。

  • 温度調整

室温の温度調整は28度以下、湿度50~60%を目安に調整してください。室内だから熱中症にならないとは限りません。エアコンが嫌いなお年寄りは室内で熱中症なるケースが多いです。エアコンは使い方を間違えると夏バテの原因ともなりますので注意してください。エアコンの風は直接、人には当たら無いようになどの調整が必要です。

  • 水分補給

大量の汗をかくと水分と塩分も身体から出てしまいます。水分補給は重要ですが、水分補給と同時に塩分補給をしないと体内の塩分が薄まってしまいめまい、筋痙攣、頭痛の原因となります。水分だけを摂取すると塩分不足に陥るのでバランスよく補給してください。暑い日とかはビールなどが飲みたくなりますが、アルコールは利尿作用がある為、脱水症状を起こす原因ともなりますのでアルコールにも注意してください。

  • 体力づくり

普段から身体を動かしたり運動をしている方は熱中症にかかりにくいようです、ある程度身体を動かして暑さに負けない体づくりをしてください。

  • 我慢し過ぎない

暑さには自信があると過信して我慢をしてしまうと危険です、我慢せず小まめに水分補給や身体を休めた方が身体への負担と効率もあがります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)