前立腺疾患にはビーポーレンが効果的

この記事の所要時間: 36

pollen1

スーパーフードとも呼ばれているビーポーレン(みつばち花粉)は、多くの花粉が含まれてお

り有効成分も多く含まれており、その有効成分の効果として前立腺疾患の改善に効果がありま

す。

ビーポーレン

ビーポーレンとは、日本ではみつばち花粉と言う名前で有名かもしれませんが、最近はスーパ

ーフードの流行りからビーポーレンの名前でも定着しつつあります。本来ビーポーレンはミツ

バチ達のエサでもあります。ミツバチ達は訪花の際、後部両足のバスケット(花粉バスケット

と呼ばれる)に詰め込み、一度の飛行に2顆粒を巣へ持ち帰ってきます。これを食べることに

より働き蜂の胸部腺よりローヤルゼリーが分泌され、ローヤルゼリーは女王バチのエサになり

ます。

ビーポーレンは、採取された植物起源、つまり産地・時期・植物のそれぞれの花によって、色

調・味・香りなどが大きく異なり、またその年の気候によっても大きな違いがあらわれます。

森林系花粉の特徴は、褐色系で色調にあまり変化はありません。逆に多種の野草から採取され

たものは森林系花粉と比べ、カラフルで非常に香りが良いと言われております。採取方法は、

巣箱の巣門(入り口)に花粉採取器を設置しておけば巣箱に入る際に採取器に花粉が取り込ま

れる仕組みになっています。

ビーポーレンにはアミノ酸類をはじめ、人体にとって非常に有用な多くの各種成分がバランス

よく含まれています。

健康保持に重要な多くの成分が含有されていることから、海外ではダイエット中の女性や更年

期などによる障害、ホルモンバランスの改善に人気がありスーパーフードとして取り扱われて

います。

前立腺疾患に効果的

ビーポーレンの効果は体質改善、美容に顕著な効果が認められ、多くの女性から支持されてい

ますが、他にも男性の前立腺の疾患に効果的であることが実証され、また強精作用もありま

す。特に前立腺炎に対しては消炎効果があり尿の通りを良くしてくれます

前立腺疾患の薬で、非常に有名な世界中で使われているセルニルトンと言う薬があり、この薬

は、前立腺周辺の消炎作用と排尿の障害となっている腫れを改善するため、排尿促進効果があ

ることが確認されており、臨床的にも大変効果的であるため、広く利用されています。この

ルニルトンの母体は、多種類の花粉からバイオ処理して有効成分と見られるものを抽出された

ものです。しかしセルニルトンの作用メカニズムは現在でも不明な点が多く残されています

が、消炎作用がある事ははっきりわかっております。その為、花粉の有効成分のみを抽出され

た加工製品よりも、ミツバチが持ち帰ったビーポーレン(みつばち花粉)そのものを加工せず

にそのまま摂取した方が多くの有用成分(アミノ酸等も)が含まれていると言えます。

近年、薬剤の副作用による身体へのダメージや薬剤耐性菌のリスクが問題となっていますが、

天然のみつばち花粉はセルニルトンなどの抽出物と異なり、自然界に存在する確認された物を

使用していますので薬と違って副作用などのリスクもありません。

まとめ

スーパーフードとして人気があるビーポーレンですが、前立腺疾患にも効果的に働きかけてく

れるので、前立腺疾患が心配になるようでしたら日頃の栄養補給の目的でビーポーレンを摂取

してそのついでに前立腺疾患の予防などの目的に使うのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)