ストレスの症状と仕組み

この記事の所要時間: 51

illust2817

ストレスは現代社会において切り離したくても切り離せないないような存在です。そんなスト

レスの症状仕組みを知ってどの様に向き合っていくかが重要でもあります。

ストレスとは

そもそもストレスとは…ストレスを知らない人は少ないと思います。しかしストレスの説明は

しにくいかもしれません。心の疲れや精神的疲れと表現しても良いかもしれません。そもそも

ストレスは、工学や物理学で使用されていた言葉の1つで、外部から刺激を受けて体に起こる

反応(凹みや歪み等)と、その原因(押す力など)となる刺激(ストレッサー)のことをさし

ます。例えると、 ゴムボールを指で押す(=ストレッサー)と、ボールはゆがんだ状態(=ス

トレス)この状態で指を話すとボールは元に戻りますのでストレスが解消されたことになりま

すが、指で押さえたままで歪んだ状態ですとストレスが掛りっぱなしになります。これが人体

ですとストレスは様々な支障を与える原因ともなります。

人体へのストレスについては1935年に医学者ハンス・セリエ博士に論文で医学的定義が発表さ

れたのが始まりです。”寒冷・外傷・病気・精神的緊張などが原因となって、体内で起こる非特

異的な防御反応”の事と定義されました。”ストレスは人生のスパイス”とも言っています。

ストレス社会とも言える現代社会に、ストレスを抱えていない人はいないに近いと言われてい

ます。国の調査によると全体の55%の人が”精神的疲労やストレスを感じている”おり、また20

代後半の女性は特に多くて70%超だ。55%がストレスを抱えてると答えてるので残り45%近

くはストレスがまったくないのかというと、そうではないようで、忙しすぎて自分自身が気付

いていないだけのようです。

ストレスの原因

ストレスの原因となるストレッサーも幾つかにわけられます。

  • 物理的ストレッサー…温熱、寒冷、気圧などの気象の変化
  • 化学的ストレッサー…酸素の欠乏・過剰、薬害、栄養不足など。
  • 生物的ストレッサー…病原菌の侵入など。
  • 精神的ストレッサー…失恋、解雇、倒産、挫折など
  • 環境的ストレッサー…騒音、照明、たばこなどの空気汚染、振動など
  • 社会的ストレッサー…仕事が忙しい、残業、夜勤、重い責任など
  • 肉体的ストレッサー…病気、けが、不規則な生活、睡眠不足、肉体疲労など
  • 人間関係ストレッサー…職場や家族・親戚・近所・友人・人間関係トラブルなど

これ以外にもストレッサーになる物は幾らでも現代社会にはあると思います。”私は気になるが

他の人は気にならない事”もありますのでストレスの原因は人それぞれになります。

良いストレス

ストレスは悪い扱いしかされていませんが、気付いていないだけですが良いストレスもありま

す(本人の受け止め方で違いますが)生活している中で良い刺激をもらったりすることはある

かと思いますが、この刺激は良いストレスの種類にあたります。しかし、人によっては悪いス

トレスに感じることもあるでしょう。

ストレスが原因となる疾患

ストレスをため込んでしまうと人間に限らず全ての生き物ですが体には良くありません。スト

レスを感じると自律神経が影響を受け、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、血管が委縮

して血圧が上昇したり、呼吸の数が増えたりと自律神経の乱れが関係してきます。

ストレスが関係している病気

胃炎関係はストレスと胃の中にピロリ菌が大きく関係していると言われています。特に胃腸系

の疾患で痛みが酷かったり長く続く場合は早目の治療やピロリ菌の検査をお勧めいたします。

他にも、頭痛や倦怠感、不安感、イライラ等もあります。

ストレス解消方法

ストレスをため込まない為にはストレス解消するしかないです。如何に上手にストレスを解消

するかが重要となりますがストレスの割合や解放の仕方は人それぞれかと思いますが、一般的

とされているストレスの解消法を上げてみました。

  • 相談する

色々な悩みなどはため込まず信頼できる友達とかに聞いてもらったり相談する。

  • 気分転換

気分転換に旅行に行ったり、普段しない事をして新たな事を発見したりして心をリフレッシュさせるのも手段です。

  • 運動をする

軽度な運動などをして体を動かして気分をリフレッシュ。過度な運動は逆に疲労がたまってストレスになる可能性もあるので注意してください。逆に自分の趣味のスポーツでしたら追い込め追い込むほど達成感は得られるかもしれません。

  • 睡眠

質の高い睡眠をとるようにする。睡眠前の飲酒やテレビやスマホ等の操作は避けるのがよいです。

  • 自分の好きな事をする

読書が好きな方なら読書、美味しい物を食べるのが趣味な方はグルメ巡り等、それぞれ好きな事はあると思うので思いっきり好きな事をするとよいです。逆に何もせずダラダラ過ごすのは気分の転換にはなりません。

まとめ

現代社会でストレスを感じることなく生きるのは不可能に近いかもしれませんが、逆にストレ

スと上手に付き合っていくのが重要です。まったくストレスゼロと言う生活も面白くないかも

しれません。ストレスを感じそれに打ち勝っていくことによって人間としての成長もあるかと

思います。自分に合ったストレス解消法でストレスの打ち勝ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)