マヌカハニーで腸内細菌を増やして免疫力アップ

この記事の所要時間: 443

ストロングマヌカハニー

今人気のマヌカハニー。マヌカハニーには様々な効果があります。その一つに免疫力アップもあります。マヌカハニーを摂取して腸内細菌を増やし腸内環境を整えて免疫力アップへと繋がります。マヌカハニー

マヌカハニー

マヌカハニーはニュージーランドの一部に生息するマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花の蜜から作られたハチミツです。

マヌカとはマオリ語で「復活の木」「癒しの木」などを意味し、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族は、樹液や葉を薬として用いました。マヌカハニーには特別な殺菌成分メチルグリオキサール(MGO)が含まれ、大腸菌、腸球菌、ピロリ菌の抑制や殺菌、消化性潰瘍やその他の感染症の治療に高い効果があることが発表され一躍話題になりました。元々ハチミツには抗菌力・殺菌力の効果がありますが、マヌカハニー程の抗菌力・殺菌力の効果を含むハチミツは他にありません。

腸内細菌

一般に健康な人の腸内には、総数で約500兆~1000兆個(人体の総細胞は37兆2000億個と言われます)の腸内細菌が住んでおり、その菌種は3万種類、その重量は1.5~2kgにも達すると言われています。

健康状態の良好な時はこれらの腸内細菌がバランスよく住みつき、また、排泄物重量の3分の1は細菌だと言われています。この中には色々な性質の菌がいて、それぞれ共存しているわけですが、人の健康はこうした細菌類によって複雑な化学変化を経て食べ物が分解・吸収されています。

菌類には有用菌(善玉菌)と有害菌(悪玉菌)、そしてそのどちらでもない日和見菌がいて、腸内細菌はその大部分を日和見菌が占めます。日和見菌はその名の通りどちらか強い方に味方し、有用菌(善玉菌)が勢力のある時は有用菌(善玉菌)と一緒になって人体に有益として働きますが、その逆の有害菌(悪玉菌)が多くなると悪いことをし始めます。従って、健康とはこれらの様々な菌類によって成り立っているといっても過言ではありませんし、人体の免疫機構の実に60~70%(ちょっと以前は30%程度と考えられていましたが)が腸管に集結し、健康を維持する上で最も重要な器官の一つです。つまり、大多数が存在する日和見菌を如何に味方に付けるかがキーポイントとなります。その為には一言で言いますと、有害菌類(悪玉菌)の除菌をしてしまえばよいことになります。

しかし、抗生剤・抗生物質などの抗菌薬はその選択毒性が非常に広域で(広域抗菌スペクトル→広い有効菌種(善玉菌))多くの有用細菌類(善玉菌)にも見境なく攻撃を仕掛けてしまいます。ストロングマヌカハニーの抗菌・抗ウイルス・抗癌活性物質である特有成分のメチルグリオキサール(MGO)は、非常に鋭い選択毒性によって正常細胞や有用菌類(善玉菌)には毒性が働きません。

人間の作り出した多くの抗生物質や化学薬剤などは確かに素晴らしい効果のあるものが多いですが、その反面、こうした腸内の細菌バランス(腸内フローラ)を崩す場合が多く、選択毒性(抗菌剤によるターゲットとする細菌への毒性)についても非常に広域の薬剤が多くあり、人体にとって必要な有用菌(善玉菌)まで攻撃し腸内フローラ(腸内の微生物生態系)が崩れてしまい、結果的に大きなダメージを受けることになります。

ストロングマヌカハニーの摂取は日常の健康維持に大変優れており、多くの疾患の治癒、予防に広域なご利用が可能で、有害菌類や病原菌の本品に対する感受性が顕著です。また、選択毒性(ここでは有害菌類への毒性の意)が鋭く、しかも広域な抗菌スペクトル(有効菌種の範囲)を備えています。

マヌカハニーはこのように有用菌(善玉菌)と有害菌(悪玉菌)に対し、鋭い選択性を持っていることが最大の特長であり、抗生剤・抗生物質との最大相違点で、有害菌(悪玉菌)のみに作用し強い抗菌活性を表します。もし、仮にそうでない場合(有用菌(善玉菌)まで殺してしまう)を仮定すると、この蜂蜜を食べると強烈な抗菌力のために腸内フローラ(腸内の細菌バランス)が崩れてしまい、すぐに下痢症状が始まり、多くの副作用が現れます。⇒抗生物質の副作用がこれに値します。

通常の有用菌(善玉菌)の繁殖環境は弱酸性下であり、逆にアルカリ環境は有害菌(悪玉菌)の繁殖環境となります。人間の身体は基本的には筋肉はアルカリ性ですし、人体内部もアルカリ性です。ですが、外部環境と直接、接する皮膚や、有害な細菌類が進入しやすい消化器官内は、全て酸性に保たれるのが正常です。胃は分泌する酸によって、また皮膚や腸、婦人科器官なども、有用細菌類によって産生される酸によって、外部から侵入する有害菌に対しバリアを築いています。

マヌカハニー特有の抗菌・抗ウイルス・抗癌活性物質であるMGO(メチルグリオキサール)の抗菌活性についての作用機序(殺菌、静菌、抗ウイルスのメカニズム)は、学術的にまだ完全には解明されていないところもありますが、このように有害菌(悪玉菌)の住むアルカリ環境を攻撃することによって選択性を得ていると言う説もあります。また、有害菌(悪玉菌)を除菌することによって有用菌(善玉菌)を繁殖させる環境が整いますので、結果的には有用菌(善玉菌)の繁殖に有効となります。このように腸内細菌バランスを好条件で整えることは、日頃の健康維持でも大変重要なことで、免疫細胞の強化、免疫力アップ、美肌などにも繋がります。

まとめ

腸内環境を整えることによって免疫力や美肌効果などへと繋がります。日々腸内フローラをきにすて腸内活動を高めてみるのはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)