夏バテ防止・予防にお勧めの食事

この記事の所要時間: 321

hiyake_woman

日本の夏は高温多湿で湿度も高く蒸し暑い日々で、夏バテになる人も少なくは無いと思いま

す。夏バテになる前に対策するにとしたら食事の管理も重要です。夏バテ防止・予防にお勧め

の取り入れた食事について纏めてみました。夏バテの症状と原因

夏バテ

夏バテとは、人間の体は、暑くなるとその暑さに対応するため体温を調節していますが、特に

日本のような高温・多湿な状態ですと体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消

費しかなりの負担がかかります。そうなると体温調節機能が気温の変化に対応できなくなり、

自律神経調節機能が低下し、体にたまった熱を外に出すことができなくなり、食欲がなくなっ

たり、怠くなったりと不調が現れる症状です。

夏バテ防止・予防にお勧めな食事

夏バテ防止・予防には食事から出来ます。夏バテは栄養不足が原因の1つでもあるので栄養不

足を解消すれば良いのです。しかし夏バテになってしまったら食欲が落ちてしまってるので…

と思うかもしれませんが、食欲がなくても1日3食、胃に負担がかからない消化のよい良質の

たんぱく質やビタミン類、ミネラル類をバランスよく摂取し量より質を高めて摂るのがポイン

トです。たんぱく質が不足すると疲れやすくなます。また、汗と一緒に流れ出てしまうミネラ

ルも重要ですし、ビタミンは体調を良好に整えるために欠かせない栄養素です。

  • 冷たい物の摂り過ぎはやめる事

暑いからついつい手を出しがちな冷たい物や飲み物ですが、とりすぎると胃腸をこわしたり、食欲がなくなったりするのでNGです。

  • 香辛料

香辛料(ワサビ、生姜、コショウ、トウガラシ)等は食欲を増進させる効果があるので食事のアクセントに付けてみるとよいです。

  • ビタミンB1を含む物

ビタミンB1は疲労回復をさせる働きがある為、ビタミンB1が不足すると疲労がたまり夏バテの原因にもなりうりますので、夏バテの防止や夏バテ回復においてもビタミンB1は重要な栄養素です。注意点として砂糖の摂り過ぎはビタミンB1をたくさん消耗してしまいますのでアイスクリームなど甘い物の摂り過ぎには注意してください。

  • 野菜・果物類を摂取

緑黄色野菜や果物類はビタミンやミネラルを多く含んでいますので積極的に摂りたい食べ物です。またサラダとかで摂取すればサッパリしているので暑くても摂取し易いです。

  • クエン酸を含む食べ物

クエン酸はは疲労回復効果があります。酢の物などで摂取すれば暑い時期にでも食べやすいのでお勧めです。

  • はちみつ

はちみつには栄養価がたくさん含まれているのでスプーン1杯を1日3回とか摂取すれば栄養補給ができるので夏バテ防止に繋がります。

  • アリシンを含む食べ物

アリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれるので、疲労回復の手助けをしてくれます。またビタミンB1の働きを持続させる効果もあります。アリシンはニンニクなどに含まれています。

  • 塩分の摂取

塩分の摂り過ぎは体に悪いですが、スポーツや外などで仕事をしている人は汗を大量にかくため水分補給が重要となりますが、お水やお茶、ジュースなどばかり大量に飲んでいると体内と塩分が汗として排出され体内の塩分濃度が低下してしまい、目まいや食欲不振、脱水症状等と命を危険にしてしまいますので、大量に汗をかいて水分補給するときは塩分(ナトリウム)を一緒に摂取するか含まれている物を摂取するように注意してください。

まとめ

夏バテになりやすい暑い時期は、普段より栄養に気を使って摂取するのが良いかと思います。

冷たい物が美味しく感じるので手を出したくなるのですが、なるべく冷たい物の回数を控えて

栄養価の有る物を摂るように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)