ピロリ菌除菌の副作用と注意点

この記事の所要時間: 435

ピロリ菌

日本人の多くはピロリ菌に感染していると言われており、胃ガンや胃潰瘍の原因とも言われているので除菌する方も増えています。ピロリ菌の除菌薬は非常に強い薬でもある為、副作用も伴います。薬以外でもマヌカハニー等で除菌ができます。ピロリ菌を除菌する上での注意点と副作用について纏めてみました。ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

ピロリ菌

ピロリ菌とは、ヘリコバクター・ピロリが正式名で、(以下ピロリ菌)ピロリ菌は胃の粘膜に生息する菌です。本体の長さは4ミクロン(4/1000㎜)ゆるやかに右巻きに2、3回ねじれており、べん毛が4~8本ついているのが特徴です。胃酸にも強くピロリ菌に一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に住みつづけます。ピロリ菌が強酸性(ph1-2)の胃の中で生息できるわけは、ピロリ菌が出す、ウレアーゼと言う酵素が胃の中の尿素を分解してアンモニアを作り出します。このアンモニアはアルカリ性の為、酸性とアルカリ性がが混ざり中和されるため胃の中で生きることが出来るのです。ピロリ菌に感染してしまった胃は粘膜を傷つけられて、胃の病気にかかりやすく、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発し、また胃がんになる確率が20倍以上上がると言われております。近年ではトレスで胃が痛くなる原因、大腸がんを併発しやすい、胃ポリープもピロリ菌が原因と言われております。ピロリ菌の除菌は薬でも可能ですが、胃の中でも生息できる強い菌の為、除去するのに副作用を伴うそれなりに強い薬となってしまいます。

ピロリ菌除菌時の注意点と副作用

ピロリ菌を除菌するには薬で除菌がメインとなっています。薬での除菌は短期間で出来るものの強い薬である為、副作用があるのが注意点でもあります。主に処方される薬は3種類の薬を同時に1週間1日3回づつ飲み続けることです。3種類を同時に服用ということもあり副作用のリスクも高まります。3種類の薬はそれぞれ働きがあり、1種類は胃酸の分泌を抑えて抗生物質の効果を高める作用、2種類目は、様々な細菌の発育を抑える作用、3種類目は、ピロリ菌に対しての抗菌作用を高める作用がそれぞれにあります。また最近では3種類の薬を纏めた武田薬品

工業の”ランサップ400”やエーザイの”ラベキュアパック”などが処方されます。

注意点の1つとして”クラリスロマイシン”と言う薬は耐性菌の出現が起こりやすいと報告が出ているそうです。除菌の失敗した場合は2回目の投薬治療でピロリ菌の除菌はできますが、失敗した際に耐性菌にピロリ菌が変化していたら、2回目の治療での除菌は厳しいと言われています。薬で除菌にあたって1回の除菌で確実に行いたい方は、マヌカハニーを摂取することによってより確実に除菌する効果が高まります。

主な副作用
  • 発熱
  • 下痢
  • 軟便
  • 味覚異常
  • アレルギー反応
  • 腸内環境の変化

発熱、下痢などの副作用は、薬を飲むうえでよくある副作用ですが、腸内環境の変化とは、ピロリ菌を除菌する薬は、ピロリ菌だけをピンポイントに狙って除菌する薬では無いのを理解しておいた方が良いでしょう。ピロリ菌除菌に限らず抗生物質を飲む際は同じことが言えます。ピロリ菌を除菌する際に腸内に住む善玉菌までも除菌してしまうためです。腸内にいる菌は約500兆~1000兆個住んでいると言われています。この中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌なども含まれています。除菌時に下痢などの起こる原因はこれら菌も除菌されてしまうからです、稀に血便なども起こりうることがありますので、その際は担当医に相談するのが良いでしょう。またピロリ菌も除菌されるのは良いのですが、他の菌も除菌されてしまう事から腸内環境が大きく変わってしまう可能性もあります。

副作用や腸内環境を変えたくない人は

薬での除菌は短期間ですが、色々とデメリットもあります。それらデメリットを避けて除菌したい方は、マヌカハニーがお勧めです。ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

薬と違ってマヌカハニーには即効性はありませんが、マヌカハニーに含まれる特有の成分MGO(メチルグリオキサール)には強い除菌効果があります、このMGOがピロリ菌を除菌してくるわけですが、抗生物質等の薬と違って善玉菌のエサになり、悪玉菌は除菌してくれると言う嬉しい効果があります。その為、腸内環境は整えらるれ副作用などは無く免疫力UPにもつながります。

除菌後の注意点

ピロリ菌の除菌に成功したら、胃痛や慢性胃炎など症状なども無くなり、胃ガンや胃潰瘍になるリスクも格段に下がります(ピロリ菌がいないから胃ガンにかからなくなるわけでは無いので注意してください)。除菌後は比較的、胃酸の分泌が一時的に回復するため、胃十二指腸びらん、逆流性食道炎、胃食道逆流症などが発生することがありますが問題はありません。酷いようでしたら胃酸分泌抑制する薬を飲むと良いでしょう。

除菌後も再感染はしにくいのですが、念のためにと言う人は、マヌカハニー等をピロリ菌除菌に効果的と言われるものを定期的に摂っておけば再感染の心配は格段とさがります。

まとめ

日本人の40代以上はほぼ感染していると言われているピロリ菌ですが、ここ近年除菌される方も増えています。除菌を確実に行うにはマヌカハニー等も摂取することによって確実に除去できます。また副作用や耐性菌などの心配な方はマヌカハニー単体でも除去はできますのでお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)