ピロリ菌除菌後の再発・再感染防止にマヌカハニー

この記事の所要時間: 316

300x266

ピロリ菌を除菌後も、再発再感染などを心配している方はいるかもしれません。除菌したからと言ってピロリ菌が再発しない可能性はゼロではありません。除菌後もある程度ピロリ菌を意識するのが良いです。再発・再感染予防にはピロリ菌を除菌できる効果があるマヌカハニーがお勧めです。

ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

ピロリ菌

ピロリ菌とは、ヘリコバクター・ピロリが正式名で、(以下ピロリ菌)ピロリ菌は胃の粘膜に生息する菌です。ピロリ菌に一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染してしまった胃は粘膜を傷つけれれて、胃の病気にかかりやすく、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発し、また胃がんになる確率が20倍以上上がると言われております。近年ではトレスで胃が痛くなる原因、大腸がんを併発しやすい、胃ポリープもピロリ菌が原因と言われております。ピロリ菌の除菌は薬でも可能ですが、胃の中でも生息できる強い菌の為、除去するのにもそれなりに強い薬となってしまいます。その為、副作用も伴いますし、1回目に除菌の失敗(約2割程度の方が失敗)をしてしまったら、もう一度、別の薬で除菌ができますがこれが2回目は最後のチャンスとなります。2回で除菌に失敗したら今の医療では除菌することは不可能です。なぜならピロリ菌が薬に対して耐性ができてしまってるからです。副作用なく除菌にはマヌカハニーがお勧めです。

感染ルートが唾液からと言う説もあります、100%唾液からの感染するかしないか解明されていませんが、もし除菌せずピロリ菌保菌者でしたら、お子さんとかに感染する可能性がありますので早目の除菌をお勧めします。

ピロリ菌除菌後

ピロリ菌を除菌後は、せっかく除菌したのにピロリ菌がまた胃の中に住み着かないか多くの人は心配かもしれません。実際ピロリ菌の感染経路はこれと特定されているのは無く、おそらくこれが感染ルートとされているだけですので、除菌後も心配にはなるかと思います。生水が原因とかピロリ菌保菌者の唾液からとかと…幾つかあります。ピロリ菌の除菌後の再発率としては0..22~3%と低いですが。この再発率には、再感染と再陽性化が含まれています。再感染は再びピロリ菌に感染ですが、再陽性化は、除菌後の検査時は陰性だったのですが再び検査したら陽性だったという事で、再検査時にピロリ菌が検査に引っかからなかったことです。どのみち再感染や再陽性化の場合はピロリ菌の除菌が必要となります。2度の除菌をしている人であればお薬での除菌が不可能なためマヌカハニーでの除菌が効果的かと思います。マヌカハニーでも除菌力が物によって変わってきます。MGOの数値が高いほど効果的に除菌をしてくれます。除菌に成功した人も、再感染してしまったら次の薬は更に強い薬や2回目で除菌した方は打つ手が無くなってしまいます。日頃からピロリ菌に感染しない様に予防するのが良いかと思います。日頃からの予防にもマヌカハニーがお勧めです、除菌する時ように多く摂取する必要はありませんが定期的に摂取する程度で感染予防には繋がります。また再感染に不安な方は人間ドッグの際にピロリ菌の検査などをしてもらうと良いでしょう。

私もマヌカハニーに出会う前に薬で除菌経験(副作用が大変でした)がありますが、医者には除菌はできたけど、ピロリ菌が住みやすい環境であった胃なので再感染する可能性があると言われ、ピロリ菌に再感染しないように注意してくださいと言われました。今はマヌカハニーで日頃から感染しない様に予防対策をしています。

まとめ

ピロリ菌除菌後もピロリ菌には注意をした方が良いと言えるでしょう、データ的に再感染、再陽性化は少ないですが感染してしまったら意味が無いので日頃からマヌカハニーで対策するのをお勧めします。

ピロリ菌除菌の副作用と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)