青汁の効果的飲み方のタイミングとは!

この記事の所要時間: 319

青汁

青汁には様々な原料があり、原料によって効果なども変わってくる青汁ですが、飲むタイミンも少し考えて飲めば効果も変わってきます。青汁の効果的な飲み方とタイミングについて纏めてみました。

青汁

青汁と聞いて聞いたことは無いと思いますが、そもそも青汁とは野菜不足を解消するために手軽に飲める緑黄色野菜(明日葉、ケール等)を中心にした飲み物です。(青汁の原料

生の野菜を絞ったものが青汁と言われています、粉末タイプの物とかもありますが、元々は生の野菜を絞って粉末化されている物です。生の野菜を絞ることによって栄養素(ビタミン、ミネラル類)を壊すことなく青汁として商品化できるのです。一番良いのは、そのまま生の野菜を食べるのが良いのですが、野菜の摂取(1日の目安350g/食物繊維としては1日19g以上)が減っている現代の人々や、青汁の原料となっている物は栄養価は高い野菜ですが、そのまま食べるにはクセ等が強いため、青汁として飲むのが手軽という事で人気を得ている健康食品でもあります。野菜不足は様々な生活習慣病などに大きく関係もしていると言われているので効果的に摂取したい健康食品の1つでもあります。

人気の青汁の原料

ケールの栄養価と効果・効能

明日葉の栄養価と効果・効能

大麦若葉の効果・効能

青汁の効果的な摂取タイミング

栄養価が高く様々な効果があると言われている青汁ですが、せっかく摂取するのであれば効果的に摂取できれば青汁の効果を十分に得ることや体感することが出来ると思います。

まず青汁の飲むタイミングですが、食後、食前、食間、朝、昼、夜?と思うかもしれませんが、青汁は薬ではないので、いつ摂取しても大丈夫なのです。重要な点は毎日継続して飲むことがポイントです。また毎日飲むのがポイントの為、自分にあった味や青汁の原料を選んで飲むのをお勧めします、自分に合わない味とかですと長続きしなくなってしまう原因の一つにもなります。クセがあって飲みにくい青汁などはハチミツ等を混ぜたりして自分でアレンジをして飲んでみるのも良いでしょう。またフルーツなどを混ぜてグリーンスムージーにして飲むのもお勧めです。

目的別に摂取するならタイミングも考慮

青汁はどのタイミングで飲んでも効果に差はありませんが、目的に合った飲み方をすれば、その目的のサポートをしてくれます。

ダイエットをしている人であれば

ダイエットをしている方であれば、空腹時に摂ればダイエットのサポートをしてくれます。青汁を飲むことによってお腹が張って空腹を満たしてくれます。また野菜類を炭水化物より先に摂取ることによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌を抑えてくれるため血糖が脂肪に変わりにくくなるからです。但し青汁に砂糖などカロリーのある物を混ぜて飲んでしまうとダイエットのサポートにはならないので注意をしてください。

野菜不足解消

青汁で野菜不足を補うために飲んでいる人も多いかと思います。そんな方たちは比較的、朝に摂取すると良いと言われています。野菜はフルーツ類は朝に摂取すると良いと言うとこから来ています。

便秘改善

便秘改善には就寝前が良いと言われています、就寝前に飲むことによって、腸の働きが活発になるからですが、逆に睡眠の邪魔をしてしまう可能性がありますが、1日の疲れには勝てないのでグッスリ寝れるかと思います。乳酸菌等と一緒に摂る事によって腸の働きを良くしてくれます。

青汁に限らず健康食品等は薬と違って副作用が無いですが即効性も無いので毎日飲むのが重要となってきます。副作用まではいきませんが、青汁を摂取することによってアレルギーや下痢等の症状が治まらないときは体に合わないのでやめた方が良いでしょう。

まとめ

青汁はいつ飲んでも問題ありません、目的別としてお勧めなタイミングは纏めましたが、大事な点としては、自分の好み合った青汁を毎日飲むことが重要という事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)