ケール青汁でアトピーの改善効果

この記事の所要時間: 410

ケール

野菜の王様と言われているケールケール青汁の摂取で、アレルギーやアトピー性皮膚炎の善効果があると言われています。ケールやケール青汁でどの様にアトピー性皮膚炎の改善がみられるのかを纏めてみました。ケールの栄養価と効果・効能

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーの一種です。良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気で、アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。その患者は年々増加傾向で、把握されているだけでも40万人以上、20歳以下の若い年代では10人に1人がアトピー体質と言われています。

主な特徴としては、赤みがある、じゅくじゅくして掻いたりすると液体が出てきたり、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる、左右対称にできることが多い、おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などにできやすいです。主な原因と言われているのは、バリア機能異常と免疫の過剰反応です。本来、炎症は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必要です。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰反応し、ホントは退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。他にも長期間皮膚に加わる強い刺激や日々のストレス、疲労、自律神経の乱れ、腸内環境の乱れなども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

また皮膚への刺激も原因の1つになります、ダニ、カビ、ほこりなど皮膚への物理的な刺激(引っかく、こするなど)石鹸、化粧品(肌に合わない)、金属(金属アレルギー等)、消毒薬、汗、皮膚の汚れ、紫外線なども原因となります。

また最近では黄色ブドウ球菌が何らかの原因に絡んでいるのではないかと実験で分かってきたそうです。黄色ブドウ球菌は人間の表皮に普通に存在する常在菌ですが、常在菌の中では特に毒性の高いものであり、特別な体質や健康状態ではなくとも炎症や化膿などを起こしうる厄介な菌なのです。

ケール

ケールは、地中海沿岸に生育しているアブラナ科アブラナ属の植物でキャベツに似ている形をしている野菜です。名前の由来ですが、ギリシャ・ローマ時代にケルト人が最初に栽培したからケールと名前が付いたと言われています。日本ではあまありメジャーではありませんが栄養価が高い事で注目を集めており、また栄養価が高い事(β-カロテンやルテイン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などが豊富)から野菜の王様とも呼ばれています。

詳しくはこちら→ケールの栄養価と効果・効能

ケールで体質改善

ケールは栄養価が豊富な事から様々な効果があります、そんな一つにアトピー性皮膚炎の改善にも効果的と言われています。ある青汁メーカーは平成16年に”青汁がアトピー性皮膚炎の症状改善に効果を発揮する可能性がある”とも発表されています。

ケールにはアトピー性皮膚炎を悪化させる、好酸球の数を減らす作用があります。アレルギー反応を起こすことで好酸球数は上昇し、アトピー性皮膚炎の症状にある程度比例する形で好酸球数は増加します。通常は好酸球数は450/μL以下ですが、アトピー性皮膚炎の症状強いと1,000/μLを超え事もあります。ある実験で、ケール青汁を毎日飲んでいるアトピー性皮膚炎の患者さんは血中好酸球数が正常値に近い数値にまで減少。この事からケールには好酸球数を減らす効果がわかります。

アレルギーのひとつの基準となる血清総IgE値の減少させる効果があります。普通大人で170IU/mL以下ですが、アトピー性皮膚炎の方はこの数値を超える方がほとんどです。ある実験から毎日ケール青汁摂取している人は血清総IgE値が下がっていることがわかりました。

アトピー性皮膚炎の人の角質層はセラミドなどの角質細胞間脂質が失われ、本来保たれている水分が蒸発しやすく、肌の表面がかさかさの状態です。普段から青汁を飲んでいる方は角質層水分量が飲んでいない人と比べると多い事もわかっています。

他にもケールに含まれているビタミンCコラーゲンの生成を働きから皮膚や骨、血管を丈夫に保つ効果があります。他にもβカロテンビタミンAに変換され、ビタミンAは粘膜や皮膚を正常に保つ働きがある為、肌の改善に効果的な食べ物とわかります。

またケールには腸内環境も整える効果があります。免疫細胞の約6割が腸に存在していることから腸内環境を整えることは身体全体の免疫力アップに繋がります。

まとめ

アトピー性皮膚炎の完治は難しいですが、好酸球数や血清総IgE値の減少させることができ、腸内環境を整える効果などもあるケールを毎日摂取していれば、体質の改善につながり、アトピー性皮膚炎の改善にも繋がるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)