大麦若葉(青汁)の効果・効能

この記事の所要時間: 51

大麦若葉

大麦若葉については、青汁飲んでいる方とかは知っていると思いますが、まだ大麦若葉について知らない人も多いかと思います。青汁の原料になっているだけあって体に良い効果・効能を含んでおり、今話題のSOD酵素等も含んでいます。そんな大麦若葉の効果・効能を纏めてみました。

大麦若葉

大麦若葉とは、中央アジアが原産イネ科の大麦の若い葉の部分のことを指し、まだ大麦が実をつける前の20~30cmに生育した新鮮な青々とした若葉を収穫したものです。世界で最も古くから栽培されていた作物のひとつでもあり、大麦は古くはおよそ一万年前の新石器時代から実の部分を食用として使われていました。日本には約1800年ほど前に中国や朝鮮など経て伝わったと言われています。その後、奈良時代に栽培が盛んに行われるようになり穂だけが食用として使われるようになり、麦ごはんや、味噌、醤油、ビール、麦焼酎などに使われていますので身近な食物でもあります。大麦の若葉が食されるのはここ最近で、大麦若葉には栄養素がたくさん含まれていることから注目されています。

その注目されている栄養価は、SOD酵素カリグネシウムシウム亜鉛、β-カロテンビタミンB1ビタミンCプトフアラニン繊維、葉緑素などがバランスよく含まれており、60cmほどに育った葉と比べると、タンパク質やカルシウムの含有量はおよそ1.6倍、カリウムは1.35倍と若葉の時期が最も栄養価が高いのです。この様に栄養価が高い為、ケールと並んで青汁の原料になっています。またケールと違ってクセが無く抹茶の様な味の為、飲み易く青臭さが無いのが特徴で、クセのあるケールより人気があります。

大麦は秋ごろに種まきが行われ、大麦若葉の旬は2月ごろになります。大麦は独特の育て方で、麦ふみと呼ばれる作業を行います、麦ふみを行うことによって成長過程で何度か踏まれるたびに強く丈夫になり大麦は生命力の強い植物に育ちます。

大麦若葉の栄養価とケールとの違い

大麦若葉の効果・効能

  • 生活習慣病予防

動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果があります。大麦若葉にはSOD酵素が含まれている為、活性酸素を除去し、悪玉コレステロールは活性酸素が中性脂肪やコレステロールと結びつくのを防ぎます。またSOD酵素には血糖値の上昇を抑制する効果がありますので糖尿病予防にも繋がります。

  • 腸内環境・便秘改善

大麦若葉に豊富に含まれる食物繊維は、水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激して排便を促し腸のぜん動運動を高めることで便秘解消に効果があります。また、葉緑素が毒素を吸着して排出してくれるため、腸内環境が整えられます。

  • 細胞の健康維持

SOD酵素は、細胞の健康維持にも効果的です。健康を維持するためには細胞ひとつひとつを正常な状態に保つことが大切で、SOD酵素が細胞やDNAを活性酸素の攻撃から守ってくれます。

  • 歯や骨を丈夫にする

大麦若葉にはカルシウムが多く含まれています。カルシウムと言えば骨や歯には重要な栄養素でカルシウムは99%は骨や歯に存在しております。その為、カルシウムを多く含む大麦若葉には骨や歯を丈夫にする効果があります。

  • 冷え性改善

冷え症が長く続くと細胞の生まれ変わりである新陳代謝が低下し、肌荒れや肩こり、腰痛、関節の痛み、むくみ、便秘、抵抗力の低下などの症状が現れやすいです。筋肉にごくわずかですが存在しているカルシウムが筋肉の収縮をスムーズにおこない血流改善に繋がります。カルシウムを豊富に含んでいる大麦若葉には冷え性改善する効果があります。

  • 貧血予防

大麦若葉にはヘモグロビンをつくる材料となる鉄が含まれるため、貧血予防に効果的ですが、大麦若葉に含まれる鉄は吸収率が悪い非ヘム鉄であるため、肉や野菜と一緒に摂取し鉄の吸収率を高めるのをお勧めいたします。

  • 免疫力アップ

大麦若葉に含まれているβ-カロテンは、体内でビタミンAとして作用し、皮膚や粘膜を丈夫にすることで体の免疫力を高めてくれます。他にもビタミンCコラーゲンが生成に関わっておりコラーゲンが皮膚や骨、血管が丈夫になり免疫力があがります。

  • 目の健康維持

β-カロテンは体内でビタミンAとして作用し、目の網膜のロドプシンの生成が促され眼精疲労の予防に繋がります。ビタミンAはロドプシン生成に重要な栄養素です。

  • 疲労回復

大麦若葉には疲労回復のビタミンと言われているビタミンB1が豊富に含まれていることから、疲労を回復させる効果があります。

  • 抗ストレス効果

ストレスは、精神的、紫外線、タバコ、疲労、睡眠不足等と様々な原因で起こります。ストレスはビタミンCを大量に消費してしまいます。その為ビタミンCが不足してしまいますし、ビタミンCが不足すると、ストレスに弱くもなりますので、大麦若葉にはビタミンCが豊富に含まれていますのでストレスを軽減する効果があります。

  • 美肌効果

ビタミンCは、シミの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ効果やコラーゲンの生成に重要な成分です。その為大麦若葉にはビタミンCが豊富に含まれているので肌荒れを予防する効果があり美肌へと繋がります。

  • ガン・老化防止

大麦若葉に含まれるSOD酵素には、細胞を攻撃してしまう活性酸素の除去する効果があるので、体の細胞を活性酸素の攻撃から守り、ガンや老化防止の効果に繋がります。

まとめ

健康食品で有名な青汁の原料として使われているだけあって様々な効果があり期待が出来ます。また大麦若葉単体で食べるのは中々手に入らないので青汁として飲む事が簡単です、食物繊維不足の現代人にはお勧めの1つでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)