高血圧の原因と食事

この記事の所要時間: 43

ketsuatsu_keisoku

高血圧原因は幾つかあります。食事原因の一部でもあります。高血圧は放っておくと脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化の原因ともなります。高血圧原因食事などに関することを纏めてみました。

高血圧

高血圧とは安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い血圧値を持続している場合をさします。高血圧の基準値としては日本高血圧学会が定めており、収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。

正常血圧は収縮期血圧が120~130mmhg、拡張期血圧80~85mmhg。正常高血圧ですと、収縮期血圧が130~140mmhg、拡張期血圧が85~90mmhgでしたら問題はありませんが、正常範囲内であっても、望ましい血圧(至適血圧)は収縮期血圧が120mmhg、拡張期血圧が80㎜hg未満とされています。

高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったります。その為、高血圧を放置していると動脈硬化や脳卒中、心疾患などの病気の原因になります。特に高血圧を放っておくと脳卒中のリスクが高まります。収縮期血圧が10mmHg上昇すると、脳卒中のリスクが男性で約20%、女性で約15%高くなると言われていますので注意してください。

高血圧は、高齢の方に多いと思われがちですが、日本では、30歳代40歳代の若い世代でも、約半数の人が高血圧の状態と言われています。その分、血管の傷みも早いので脳卒中や心筋梗塞のリスクは高まります。これら世代はまだ食生活改善など生活習慣を見直すことで血圧を下げやすいので食事を見直すと良いでしょう。

高血圧の原因

本態性高血圧(一次性高血圧)

約9割が原因のはっきりしない高血圧症でそれが本能性高血圧です。しかし、生活習慣と遺伝的な体質が関係しているとことは解明されていることから、生活習慣が原因と遺伝的な原因と別けることができます。

生活習慣が原因とされているのは、食塩のとりすぎ、肥満、飲酒、運動不足、精神的ストレス、喫煙などが血圧を上げる原因と言われています。特に塩分の摂り過ぎは注意です。塩分を摂取しすぎると、血液中の塩分濃度が上がらないように、水分で薄める作用が働き、そのため体内の水分が多くなり、血液の全体量が増大し、血圧が上昇します。血圧が上昇することによって腎臓から水と塩分が効率的に排泄されます。

遺伝的な原因は、両親とも高血圧の場合、高血圧になる素因を子供が持つ確率は1/2、親のどちらかが高血圧の場合は1/3、両親のどちらも高血圧でない場合は、1/20というデーター結果がありますが、生活習慣に注意することによって発症しないケースもあります。

二次性高血圧

二次性高血圧は、高血圧の原因になっている病気等がはっきりしているもので、主に、腎性高血圧、内分泌性高血圧、血管性高血圧、薬剤誘発性高血圧等があります。

腎性高血圧は、腎炎や腎盂腎炎などのほか、腎動脈に動脈硬化が起こり余分な塩分と水分の排泄ができなくなって血圧が高まります。内分泌性高血圧は、副腎の腫瘍により起こる原発性アルドステロン症やクッシング症候群、褐色細胞腫などホルモンの分泌異常が影響。薬剤誘発性高血圧は、喘息や心臓病、うつ病などに対する治療薬に血圧を高くする作用を持つものがあるために起こる高血圧になります。

他にも、白衣高血圧は、病院や診療所で測ると一時的に血圧が上がるタイプ。仮面高血圧は、病院などで検査すると高くなるタイプ。早朝高血圧は起床時に血圧が上がるタイプ等と色々あります。これらの二次性高血圧は、原因となる病気を治すことによって血圧は正常値に元すことが可能です。

食事との関係

・塩分の摂り過ぎることによって尿中へナトリウムを排泄するという腎臓の能力を上回ってしまうため、血液中にナトリウムがたまります。ナトリウムがたまると、水分を蓄えてナトリウム濃度を調節しようとする働きにより、循環血流量が増加して、血圧が上がりますので塩分の摂り過ぎには注意が必要です。

動物性脂肪(バター・肉の脂身など)は、血液中の悪玉コレステロールを増やす原因となり、血液がドロドロになり流れにくくなることから血圧が上がる原因となります。

・アルコールの飲み過ぎにも注意が必要です。(アルコール自体飲み過ぎは良くないですが…)アルコールには血管を広げる働きがあり、飲酒直後には血圧を低下させますが、飲みすぎると逆に血圧を上昇させる働きがあるので注意が必要です。

まとめ

9割が原因不明の高血圧に分類されますが、食生活の見直しなどをすれば高血圧の原因とされるものを1つ除去することが出来ます。塩分や動物性脂肪の摂り過ぎは膏血圧以外の病気の原因とされますので摂り過ぎには注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)