コエンザイムQ10の効果・効能

この記事の所要時間: 334

コエンザ  イムQ10

美容や健康に気を付けている人はコエンザイムQ10を聞いたことはあると思います。コエンザイムQ10の効果・効能を簡単に纏めてみました。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、肉類や魚介類などの食品に含まれている脂溶性の物質で、細胞の中にあるミトコンドリアに存在しており、生命活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出してい補酵素で別名ユビキノンと言われています。またコエンザイムQ10は”ビタミン様物質”としてビタミンに似た働きをしていることからビタミンQとも言われてます。

コエンザイムQ10が欠乏すると、エネルギーの生産力が低下し、疲れやすくなったり、肌の老化現象や免疫力の低下、肩こりや冷え性など原因となります。コエンザイムQ10は加齢や食生活によって減少してしまいます。20歳代をピークに40歳以降は急激に減ってしまいます。

コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10が注目されている働きとしては、強力な抗酸化作用です。常に私たちの体は活性酸素(フリーラジカル)によって体は攻撃されて酸化しています。酸化することによって老化(シミ、シワ)や生活習慣病の原因となっています。活性酸素は本来、体内に侵入してきた細菌などを攻撃して私たち体を守っていますが、増え過ぎた活性酸素は逆に細胞まで攻撃をしてしまうわけです。コエンザイムQ10は増え過ぎた活性酸素を強力な抗酸化作用で除去をしてくれる働きがあります。

他にもコエンザイムQ10の働きとしては栄養素からエネルギーを取り出す作用で、電子伝達系における補酵素 (コエンザイム) として体内のエネルギー単位であるATP (アデノシン三リン酸) の生産に関与することで、こちらが主要な働きと言ってもいいでしょう。エネルギーは、食事から摂取した糖質、脂質、たんぱく質などの栄養素から作られその中で、最もエネルギーになりやすい糖質は、血液にのって全身をめぐり、エネルギーとなります。コエンザイムQ10はATPをつくり出す力を活性化するということで、コエンザイムQ10が体内に十分に存在していると、効率良くエネルギーがつくられます。またコエンザイムQ10は脂溶性のため、空腹時よりも脂肪の多い食事と共に摂取するとより吸収率が高まり効率よくエネルギーに変換されます。

コエンザイムQ10の効果・効能

  • 心臓病予防

コエンザイムQ10が長年心臓病の薬として使われてきた事から心臓病の予防に効果的です。コエンザイムQ10を摂取する事により、心臓の収縮力が高まり、送り出す血液量が増加します。

  • 肌の老化予防

肌の老化現象は、コラーゲンの減少によって引き起こります。コラーゲンの約40%は皮膚に存在しており、肌の弾力を保つ上で欠かせない成分です。コエンザイムQ10は、コラーゲンをつくり出す皮膚の細胞を活性化させる働きがあります。

  • 疲労回復効果

コエンザイムQ10にはATPを活性化してエネルギーをつくり出す働きがあるため、疲労回復の効果があります。また、コエンザイムQ10と同様エネルギーをつくり出す上で重要である成分であるα-リポ酸と組み合わせて摂取すると良いと言われています。

  • 抗酸化作用

コエンザイムQ10が最近注目されているいる効果としては、抗酸化作用です。余分に作られた活性酸素(フリーラジカル)を除去してくれることから、様々な生活習慣病の原因を取り払ってくれます。

  • 関節痛を改善

関節の軟骨には、コラーゲン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンなどの成分が含まれておりクッションの代わりをしています。コエンザイムQ10は、軟骨の細胞を活性化させることによって、軟骨をつくる働きを促進するため、関節の痛みを改善する効果あります。

  • 骨粗しょう症を予防

コエンザイムQ10とコラーゲンを同時に摂ることにより、カルシウムが吸着されやすい状態になり、骨密度が改善されるため、骨粗しょう症の予防になります。

まとめ

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出す重要な役割があり、それと今話題の活性酸素を除去する働きがあるので積極的に摂取したい成分であります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)